CoinPostで今最も読まれています

米SEC Crenshaw委員がクリプトママに反論「規制猶予期間のセーフハーバーより架け橋望む」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

セーフハーバー制度に反対

米証券取引委員会(SEC)のCaroline Crenshaw委員は12日、法務関係者を対象にした講演で、Hester Peirce委員が提唱する「セーフハーバー」制度に反対する立場を表明した。

Peirce氏は暗号資産(仮想通貨)擁護派として知られ、クリプトママの愛称で業界から親しまれている人物。仮想通貨やブロックチェーンのイノベーションを促進するため、一定の条件を満たすプロジェクトに対し、規制猶予期間を設ける制度「セーフハーバー・ルール」を2020年に提唱。今年4月には、「非中央集権的なネットワーク開発者は、連邦証券法の登録制度から3年間免除される」という項目を追加した更新案を発表した。

関連:仮想通貨の規制猶予提案、更新:米SEC「クリプトママ」

一方、2020年にSEC委員に任命されたCrenshaw委員は、セーフハーバー制度は資金調達面で「ブロックチェーン関連の事業者に不公平な利益をもたらす」一方で、規制に準拠した他の企業が不利益を被ることになると主張。仮想通貨市場が投資家の信頼を得て成長するためには、より多くの説明責任と全ての参加者に適用される一貫したルールが必要だと述べた。

ICOブームと仮想通貨の冬

Crenshaw氏は、ICOによって多くのスタートアップが巨額の資金調達に成功したが、プロジェクトが頓挫するケースも多かったと指摘。2017年のICOブーム時にセーフハーバー制度が導入されていたとしたら、投資家と市場により悪い結果をもたらしただろうと述べた。その後、投資が低迷する「仮想通貨の冬」が数年にわたって続くことになったのは偶然ではないと付け加えた。

限られた情報開示のみで、登録義務なしに無制限の資金調達を可能にするセーフハーバーは、投資家の利益にならないと考える。

ICOとは

ICOとは、「Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開」のことで、企業やプロジェクトが、独自の仮想通貨トークンを発行・販売し、資金調達する行為を指す。

▶️仮想通貨用語集

港ではなく橋を作る

Crenshaw氏は、セーフハーバー(港)の代わりに「橋」を構築することを提案している。同氏のいう「橋」とは仮想通貨の開発企業側が主導権を握り、SECと対話を通して規制のコンプライアンスを分析し、常に責任を持つことだという。

また、同氏はSECが規制の明確さを欠いているとは思わないと主張。業界関係者が望む「包括的な定義」の提供や特定のプロジェクトや資産、活動について判断を示すことは、「SECの規制の枠組みの機能ではない」と述べた。

市場参加者がコンプライアンスに対して主体的に責任を負うならば、市場の健全性を維持し、新たな市場の成長に欠かせない投資家保護を提供しつつ、共にイノベーションを促進する架け橋を構築できると信じている。

そのためには、仮想通貨を発行する企業や取引所などの関係者が、自ら規制遵守の状況を分析しSECと共有できる体制を整えることが必要だという。そして既存の規制の枠組みに当てはまらない懸念がある際には、情報開示、投資家保護や市場アクセスの方法などに関するプロジェクトの詳細な計画をSECに提出するよう、Crenshaw氏は促した。

Peirce氏の意見

一方、先週テキサス州で開催されたブロックチェーンサミットに登壇したPeirce委員は、仮想通貨の規制のあり方を、西部開拓時代に自発的に発達した効果的な民間規制に擬えた。

仮想通貨のフロンティアは、西部開拓時代と同様、一見するとかなり荒々しい印象を受ける。しかし、かつての西部のように、荒々しさの中にも秩序と規律がある。仮想通貨はコードに基づいているため、コード自体が行動の規範となる。しかし、同時に仮想通貨は人々の上に成り立っており、参加者は止まるところを知らない公開討論やプロトコルの使用・非使用を通して互いに責任を負っている。

規制当局は、このような非公式で自律的な規制メカニズムに勝る規制を提供しようと「クリプトタウンに乗り込んできた」が、従来の規制を適用するのは慎重に行わなければならないと同氏は強調。議会や業界と協力し、規制の対象であり保護を受ける消費者の意見を積極的に取り入れていくことの重要性に言及した。そして、規制で真に問うべきは、当局が何を望んでいるのかではなく、規制の受益者である国民が何を望んでいるかだと結んだ。

我々(規制当局)が賢明で明確な規制の境界を設定した後、皆さんが、仮想通貨のフロンティアで一体どんなことを成し遂げるか、見たくてたまらないのだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧