CoinPostで今最も読まれています

日銀理事「民間決済サービスとCBDCの共存が必要」  CBDCを「発行しない」可能性も示唆

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CBDCについて見解

日本銀行は15日、「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する連絡協議会」の2回目の会合を開催し、日銀が開発を主導するCBDCのあり方について日銀の理事が語った。

さらに同日、「中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み」と題するレポートも公開し、CBDCの実証実験の進捗や今後の方針などについて明かしている。

CBDCの課題

日銀の内田眞一理事は連絡協議会でのあいさつで、社会のデジタル化が進む中、CBDCなどのデジタルな決済手段を採用せずに、日銀が現在と同じ公共財(現金と日銀当座預金)を提供し続けるとしたらどうなるか、と問題意提起をしている。

内田氏は「銀行券需要は伸び続けており、近い将来銀行券が大きく減少するとは思えない」としつつも、物理的な存在である現金の取り扱いにはコストがかかるため、スウェーデンや中国などのようにデジタルな決済手段に取って代わる可能性は常に存在すると指摘。その場合、決済システムの安全性を担保する仕組みが必要になると述べた。

続いて、相互運用性の問題を挙げている。他国でCBDCが普及し一般的になった場合には、「日本が金融サービス提供の面で不利にならないか」「CBDCなしにこれと相互運用性を確保できるのか」といった問題も含め、現在では予想もできないような様々な課題が発現するとの見解を示した。

民間決済サービスとの共存

上記のような課題の解決策の一つとなり得るのがCBDCであるとし、「仮にCBDCを発行する場合、中央銀行は、あくまで公共財としての則を守り、民間決済サービスとの共存を図る必要がある」とも述べている。

CBDCと民間決済サービスとを共存させるには、「水平的な共存」と「垂直な共存」があると説明。

前者はCBDCのシステム以外にも様々な民間の決済ネットワークが並存する、いわゆる「金融包摂」の考え方で、例えば銀行口座を持たない人や遠隔地などで民間決済サービスのコストが見合わない場合の受け皿として捉えるというもの。後者はCBDCのエコシステムの中で様々な主体がどのように役割を分担するかというものであるといい、例えば、民間が提供するひとつのウォレットの中で、民間の決済手段に加えてCBDCも使えるようにする方法や、CBDCを使ったうえで新たなサービスを付け加えるという方法などがあり得るとした。

内田氏は後者の共存のあり方が現実的であるとし、検討していくべきであるとした。

「発行しない」選択肢も

内田氏は、CBDCあいさつの最後で、「現時点でCBDCを発行する計画はない」と付け加え、日銀としてのこれまでのCBDCに対する立場を繰り返した。また、CBDCを発行しないという選択肢があることも示唆した。

「CBDCを発行する」ということが大きな決断であると同時に、世界各国で真剣な検討が進む中で「発行しない」ということも大きな決断になってきています。

そして、発行しないのであれば、どうやってデジタル社会にふさわしい決済システムを構築していくか、考えなければなりません。いずれにしても現状維持はありえません。

開発の進捗と方針

日銀は同日公開したレポートで、CBDC(デジタル円)開発の進捗や方針などについて明かしている。

4月に開始した実証実験をフェーズ1と位置付けており、「概念実証」を通じてCBDCの基本的な機能や備えるべき特性が技術的に実現可能かどうかや、CBDCの決済手段としての基本機能(発行、払出、移転、受入、還収等)の検証が行われる。現在進行中のフェーズ1は、2022年3月まで続く予定。

フェーズ2では、フェーズ1で確認したCBDCの「基本機能」に、CBDCの「周辺機能」を付加して、その技術的な実現可能性や課題を検証する。決済の利便性向上・仲介機関間・外部システムとの連携・経済的な設計(金融システムの安定確保等)について検証することを想定、その後、ウォレットアプリを接続し、技術的な課題などを検証することも検討している。2022年4月に開始する予定であるが実施期間は未定。

フェーズ3では、民間事業者や消費者も参加したパイロット実験が行われるとされている。

関連:日銀、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を開始

開発方針

仮に、一般利用型CBDCを導入した場合、中央銀行と民間部門による決済システムの二層構造(間接型の発行形態)を維持することが適当であるとした。

出典:日本銀行

また、一般利用型CBDCを発行する場合には、機能やシステム面で、以下のような基本的特性を備えている必要があると分析している。

出典:日本銀行

日銀当座預金と引替えに発行されたCBDCは、仲介機関を通じて、ユーザーに払出しされ、払出しされたCBDCは、ユーザー間を移転する。仲介機関が受 入れたCBDCは、日銀当座預金と引換えに還収される仕組みを想定している。

出典:日本銀行

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧