FTX、マイアミ・ヒートのNBA開幕戦で限定NFTを配布

FTXアリーナでヒート快勝 NFTも配布

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは米時間21日、米フロリダ州マイアミのFTXアリーナで開催されたNBA開幕戦の入場者全員に記念NFTを配布した。

FTXは21年春、プロバスケットボールチーム「マイアミ・ヒート」の本拠地である旧名「アメリカン航空アリーナ」の命名権を獲得したばかり。以後、米プロスポーツ界の提携を積極的に行っており、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)界の伝説的ベテランのトム・ブレイディ選手とのアンバサダー契約を締結した。

関連:仮想通貨取引所FTX、NFL大スター起用の新CM公開

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)でも21日、ヒートの主将(キャプテン)であるベテラン・ユドニス・ハスレム選手とアンバサダー契約を締結したばかり。仮想通貨に関する認知度向上を目的とした「You In, Miami?」キャンペーンの開始も発表していた。

21日の開幕戦はFTXアリーナに名称変更後は初の公式戦。来場者全員には「You In, Miami?」と書かれたTシャツを無料で配布、Tシャツの裏にはQRコードがあり、スキャンすると、FTXアリーナ限定版のNFT(非代替性トークン)を貰えるキャンペーンを実施した。

試合は、ホームチームのマイアミ・ヒートが昨季の優勝チームであるミルウォーキー・バックスに137-95で快勝。42点差での開幕戦勝利と開幕戦での137得点は共に球団新記録を樹立した。

FTXのアンバサダーに就任したユドニス・ハスレム選手も仮想通貨取引所FTXの広告を投稿。「FTXと共に仮想通貨に関する啓蒙活動や仮想通貨アクセスの向上、そして地域貢献に取り組んでいく」と述べた。

試合にはスポンサー企業である仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン・フリードCEO(通称、SBF)も本拠地戦を観戦。SBF氏は29歳ながら純資産225億ドル(約2.5兆円)を誇り、米フォーブス誌の米国の長者番付「フォーブス400」にも名を連ねている。

関連:フォーブスの米国長者番付、仮想通貨起業家6人が新加入 FTXのサム氏など

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します