ソラナ基盤のProject Serum、110億円の流動性マイニングプログラムを発表

110億円のプログラム

仮想通貨ソラナ(SOL)基盤のDEXインフラプロジェクトProject Serum(セラム)は28日、110億円の流動性マイニングプログラムを発表した。

Serum(SRM)のDAOが投票でプログラムを可決し、第一弾として1億ドル(110億円)分のSRMを、セラムのオンチェーン取引板を利用するAMM(自動マーケットメーカー)に配分。参加する各AMMは流動性を提供するユーザーに、SRMトークンおよびそれぞれのネイティブトークンを報酬として配ることになる。

最初にこのプログラムに参加するのはAtrix Financeで、人気分散型取引所Raydiumも参加する意欲を示したという。

関連AMM(自動マーケットメーカー)が価格に与える影響とは|Deribitアナリスト分析

セラムは取引所FTXが2020年8月にローンチしたプロジェクトで、信頼性の高いクロスチェーン取引が可能な分散型取引所を、ユーザーが望むスピードと価格で提供することを目的としている。

関連FTX、分散型取引所Serumをローンチへ 採用した「Solanaブロックチェーン」の利点とは

現在、RaydiumやMango Marketなどの分散型取引所もセラムを基盤技術として利用しており、10月12日の時点で、セラムが管理する総資産は1,700億円を超えている。イーサリアム基盤のDeFiでは、12位にランクインするほどの資産規模だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します