豪州、仮想通貨マイニング関連のETFが上場へ

仮想通貨マイニングテーマのETFが上場

暗号資産(仮想通貨)マイニング企業のパフォーマンスを追うETF(ティッカー:DIGA.CXA)は1日、オーストラリアのデリバティブ取引所Chi-Xに上場することがわかった。同国初と見られる。

「Cosmos Global Digital Miners Access ETF」という名称のこの上場投資信託は、オーストラリア上場の資産運用企業大手Mawson Infrastructure Groupが提供するもので、Galaxy Digital(20.30%)、HUT 8(14.12%)、MARATHON(13.98%)、RIOT(12.78%)といった米国・カナダの主要マイニング企業の株式で運用するという。

出典:Mawson Infrastructure Group

先週、オーストラリアではETFを含む仮想通貨の上場取引型金融商品(ETP)の関連ガイドラインが発表された。ガイドラインは認可の条件を明示し、最初に現物保有のビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のETFが条件を満たす可能性が高いと見込んでいる。

関連豪州証券投資委員会、仮想通貨ETF認可のための条件を公開 

また、仮想通貨マイニング企業を含むETFについては、現在米ナスダックで複数の銘柄が取引されている。

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します