仮想通貨セクター課税を含む米インフラ法案、議会で可決

仮想通貨業界の課税条項も実現

米議会下院は6日、110兆円に及ぶインフラ法案を可決した。バイデン大統領が署名すれば、正式に法律となる。

このインフラ法案は今年の夏に上院が提出、8月に可決し、下院では議論が数ヶ月にわたって続いていたものだ。

関連米インフラ法案が及ぼすプライバシーへの影響とは

インフラ法案とは

米上院から提出され、今後8年間で1.2兆ドル(約130兆円)を道路・橋、鉄道、港湾・空港、水道、高速通信網、電力網などの国内インフラへの投資を提案する法案。バイデン政権の経済分野の主要政策の1つである。

▶️仮想通貨用語集

法案には、インフラ投資のための資金調達として仮想通貨セクターからの3兆円の税収予算が含まれている。

仮想通貨セクターへの課税条項については、仮想通貨業界全体においてマイナーノードバリデータ、およびステーカーに適用されうる曖昧な表現である「ブローカー」が記されている。課税範囲が非常に広いため、仮想通貨業界だけでなく、一部の議員からも修正すべきと強く訴えていたが、修正されずに通過した。

関連米下院インフラ法案の修正は行わず 問題視された仮想通貨セクター報告要件の行方は

実際、仮想通貨セクターへの課税は2024年1月より施行されるため、業界団体は現在、別の修正案の提出について働きかけているところのようだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します