米コインベース、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携

コインベース、プロeスポーツチームと提携

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは10日、世界最高峰のeスポーツチームの1つである「Team Liquid」と4年間のパートナーシップを締結したことを発表した。イベントでのコラボなどを提供することで、仮想通貨に関する啓蒙活動を行なっていくという。

「Team Liquid」は2000年設立の世界最大手のesportsプロチーム。21年1月時点で、獲得賞金総額の世界歴代1位に輝いた。

発足当初は、一世を風靡したリアルタイムストラテジーゲーム「スタークラフト」のコミュニティサイトとして成り立っていたが、現在はリーグ・オブ・レジェンド(LoL)やフォートナイトをはじめ、日本企業が産み出した格闘ゲーム「ストリートファイター」や「鉄拳」シリーズなどでも活躍する選手を擁する。

コインベースと提携に至った理由についてTeam LiquidのSteve Arhancet Co-CEOは、仮想通貨領域で正しいやり方で事業展開を行っていることがカギだったとして、以下のようにコメントした。

我々は、持続するために構築された本物のインフラを持ち、仮想通貨など分散型のバンキングや金融という新たな複雑な世界において信頼できる専門知識とニュアンスを併せ持つパートナーを探していた。

コインベースのことを知れば知るほど、彼らこそが我々の求めていたパートナーであると確信した。 多くのファンと同様に、我々にとってもクリプトは未知のものだったが、もはや一過性の流行ではなく、今後も存在し続けるものだということがすぐに分かった。

コインベースとともに、我々のファンのためにクリプトについてわかりやすく説明していきたいと願っている。

ブロックチェーンとeスポーツの共通点

Team Liquidのもう一人のCo-CEOであるVictor Goossens氏(ゲーマー名:Nazgul)は、「黎明期のeスポーツと仮想通貨・ブロックチェーンにも通じるものがある」と言及。「esportsも、当初は新たな文化や競技としての正当化、現在ほどのファンコミュニティの形成は考えられなかった」として、ブロックチェーンにも通じるものがあると語った。

両業界ともまだ若くてエキサイティングな業界だ。ネガティブな側面もあるが、根本的な良い部分を変えはしない。

我々はコインベースとさらに本質的な価値を見極め、長期的かつ安定したものを作りつつ、お互いの業界を正しい方向へと導いていきたい。

Goossens氏は、仮想通貨領域について「大企業から全ての人に影響力をもたらすことができる」と評価。また、ブロックチェーン技術を駆使することで、否定できない信頼性も生まれるとして、コードに基づいたより信頼性のある社会につながると展望している。

仮想通貨取引所がesports業界と提携する事例は少なくない。21年6月にはFTXが北米のプロeスポーツ組織「TSM」の命名権を獲得。その後、8月にはリーグ・オブ・レジェンド(LoL)の北米プロリーグのスポンサーにもなっており、存在感を増しつつある。

関連:仮想通貨取引所FTX、230億円で著名eスポーツチーム「TSM」の命名権獲得

他にも、仮想通貨取引所のBybitも2つのeスポーツチームと提携している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します