ビットコイン続落で仮想通貨全面安、クジラの活性化に警戒感も

仮想通貨相場の動向

16日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比-5.7%の706万円(61,740ドル)と下落した。

BTC/USD日足

ビットコイン先物ETFの米国初承認を背景に過去最高値を更新するも、過熱相場はその後一服。上値を重くする中で、戻り売り圧力に屈した。

上昇チャネル上を推移していたイーサリアム(ETH)価格もトレンドラインを割り込み転落するなど、相場全体で調整色を強めている。

ETH/USD日足

これに伴い、時価総額上位のメジャーアルトの前日比は軒並み-5〜-10%ほど値下がりし、全面安の様相を呈している。前月比では依然として大幅プラスの銘柄が多数あるも、ビットコイン(BTC)は+0.83%とほぼ同水準まで下落している。

Messari

これに先駆け、データ分析企業CryptoQuantのKi Young Ju(@ki_young_ju)CEOは14日、「クジラ(大口投資家)の動きが、前仮想通貨バブルの2017年以来最大となった(外れ値除く)」ことを指摘。警戒感を示していた。

BTC:Tokens Transferred Meanは、トランザクションごとのBTCの転送平均量に基づいた指標。 1TXあたりの平均金額は5倍水準(13.9)まで急増しているとしており、ボラティリティ(価格変動性)拡大に注意が必要な状況と言える。

CryptoQuant

なお、14日には、17年8月の「SegWit」導入以来、約4年ぶりのビットコイン(BTC)重要アップグレード(ソフトフォーク)となる「タップルート」が、ブロック高#709,632で実行された。

スマートコントラクト機能の強化、プライバシー機能および処理速度の向上などが盛り込まれ、CoinPostに寄稿したビットコイン研究所のコラムでは、「スマートコントラクトであるLightning Networkチャネルの利用コストを下げる効果が期待できる」と解説している。

関連:シュノア署名、Taprootが描くビットコインの未来

アルト市場と個別銘柄

Messariのデータを元に集計したCardano Dailyは15日、過去24時間でもっともアクティブなブロックチェーンとして、カルダノ(ADA)がビットコイン(BTC)に次ぐ2位の182億4000万ドルを記録したことを報告した。

3位はイーサリアム(ETH)で93.1億ドル、4位はビットコインキャッシュ(BCH)で45億ドルだった。ADAのステーキングウォレットへの預入額は536億ドルに達し、ウォレットアドレス数は21年9月10日からの2ヶ月間で14.7%増となった。

カルダノは9月13日に、メインネットにスマートコントラクト機能を追加するための大型アップグレード「アロンゾ」を完了している。

関連:カルダノ(ADA)、大型アップグレード・アロンゾ実装完了

16日に掲載されたCoinshares提供の仮想通貨ファンドフローによれば、アルトコインへの流入は、先週は計1,600万ドルの流入で、カルダノが主導した。

Coinshares

デジタル資産全体では、先週の流入額は合計1億5,100万ドルで13週連続の流入に。これまでの流入額は過去最高の90億ドルに達した。ただCoinSharesは、2021年上半期(年初頃)は週間9億6000万ドルとさらに活況だったことから、「機関投資家の関心は、前半期比ではやや抑制されている」との見立てを示している。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します