KuCoin、110億円規模のメタバースファンドをローンチ

メタバース投資が加速

シンガポール発の暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoin傘下の投資企業KuCoin Labsは110億円規模のメタバースファンドをローンチしたことを発表した。

「KuCoin Metaverse fund」というこの新規ファンドは、ゲームFi(遊んで稼ぐゲーム)、NFT、および分散型インフラといったメタバース(仮想現実)の分野に投資。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

また、新規ファンドはメタバース関連の教育プログラムの支援にも充てられるという。

KuCoinのJohnny Lyu CEOは発表で、「インターネットのネクストチャプターとして、メタバースは我々の仕事やコミュニティ、消費、エンターテイメントなどを大幅に変えてくれるだろう。KuCoinはこのファンドでインターネット産業の進化を加速させていく」と語った。

最近では、米フェイスブックが「Meta」に改名したことをきっかけに、メタバース産業がメディアや投資家の注目を集め、さまざまな関連投資が行われるようになった。

関連「オープンなメタバース」目指すHIKKY、NTTドコモから資金調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します