「オープンなメタバース」目指すHIKKY、NTTドコモから資金調達

メタバース系企業の資金調達ラウンドに参加

メタバース開発とVRサービスの開発ソリューションの提供を行う株式会社HIKKYは15日、株式会社NTTドコモを引受先とした第三者割当増資により、65億円を調達したことを発表した。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

また、両社は10月下旬に資本・業務提携を締結したと併せて明かしている。

HIKKY社は世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を運営する企業。同イベントは数千の一般クリエイターや、多くのナショナルクライアント、100万人を超える来場者が参加するもので、2021年には2つのギネス世界記録を取得している。

また、HIKKY社が提供するVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud(ブイケットクラウド)」は、URLリンクをクリックするだけでアクセスができるメタバースコンテンツの開発を可能にする。内覧会、展示会や音楽ライブ、アミューズメントなど様々なユースケースとして応用できる。

調達資金の65億円はシリーズAラウンドのファーストクローズにて調達したもの。セカンドクローズも検討されているものの、資金調達後もHIKKY社の独立性は維持される予定だ。

調達した資金は以下の用途などに利用する方針だ。

  • オープンメタバースの開発・運営
  • バーチャルマーケット事業の開発体制の強化
  • 海外展開を含めた事業拡大
  • Vket Cloudエンジンの開発体制の強化

調達資金は「Vket Cloud」などVR関連サービスの開発体制強化や、オープンメタバース、またバーチャルマーケットなどのVRサービス事業の拡大などに充当される。また、体制強化に併せて、ディレクター、エンジニア、デザイナー、営業、バックオフィスなど人材強化も行う。

HIKKY社の資金調達ラウンド参加について、NTTドコモの執行役員であるビジネスクリエーション部長の三ケ尻哲也氏は以下のようにコメントした。

ドコモは、イノベーションにより新たな生活価値やライフスタイルを生み出し、社会を大きく変えていきたいと考えています。

その想いからブランドスローガンを「あなたと世界を変えていく。」に一新いたしました。そして、スマートライフ事業の新規領域であるXRでは、テクノロジーの進化が様々な価値を創出します。

このたび、XRの世界的なトッププレイヤーであるHIKKY様とパートナーシップを築けることを大変嬉しく思っております。

今回の提携により、ドコモのXR事業をさらに拡大、進化させ、リアルとデジタルがシームレスにつながる様々な体験を提供し、ともに「世界を変えていく。」ことができるよう努めてまいります。

また、HIKKY社の舟越靖CEOは以下のようにコメントしている。

HIKKYはこの度の資金調達を通じ、数々の投資アプローチをいただきましたが、私たちが一番重視する「創造性が尊重される空間をクリエイターの皆様と共に創っていく」という理念を深く理解してくださったNTTドコモ様を第三者割当増資の引受先に選定させていただきました。

今後はNTTドコモ様とNTTグループ各社の、通信インフラを始めとした様々な技術、研究機関、世界的なネットワーク等を活用させていただきながら、独自のメタバース事業をさらに加速させていきます。同時に、NTTドコモ様へは、弊社が強みとするXRにおけるサービスや技術、コンテンツ制作などの提供を行ってまいります。

これまで支えてくださったクリエイターの皆様、バーチャルマーケットの来場者様、黎明期から参画してくださった企業の皆様には、改めまして感謝の念をお伝えしたく思います。今後も仮想空間を通じて生まれる新たな価値を広め、現実社会との架け橋となるべく、より一層努力していきたいと思います。

メタバースとは

インターネット上に構築された多人数参加型の3Dバーチャル世界の総称。ゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスなど、アバターを使って様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します