米NFL、Polygon基盤のNFT電子市場をローンチ

アメフトのNFTチケット

アメフトの米プロリーグ「NFL」は19日、NFT(非代替性トークン)チケットのマーケットプレイスをローンチしたことがわかった。

NFTはイーサリアム(ETH)のスケーラビリティソリューションを提供する仮想通貨ポリゴン(MATIC)のブロックチェーン上で発行されるもので、NFL公式は、チケット販売会社「Ticketmaster」で発売される特定の試合のチケットを購入したファンに、NFT版のチケットである「バーチャル記念チケット」を付与すると説明。

また、NFLは32チーム、計125種の限定NFTコレクタブルもリリースし、マーケットプレイスで販売している。下図がその一例だ。

出典:NFL

NFT事業について、NFLリーグは9月に、NBA Top ShotやCryptoKittiesのNFTで知られるDapper Labsと提携し、FLOWブロックチェーン基盤のNFTトレーディングカードゲームを計画していることも報じられた。

また、ポリゴンブロックチェーンの利用については、NFLを代表するタンパベイ・バッカニアーズのQB、トム・ブレイディ選手が独自で創設したNFTプラットフォーム「Autograph」もポリゴンでNFTを発行している。

関連Dapper Labs、「NFL」と提携したNFTトレーディングカードゲームを計画か

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

ゲームのアイテムなどで利用が大きく広がっているが、ブロックチェーンによってはNFT発行の際にマイニングが必要になり、大量の電力消費を伴うことがあるため、環境への影響が問題視されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します