CoinPostで今最も読まれています

XSL Labsエコシステムにおける、デジタル世界のKYC(身分確認)とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XSL LabsエコシステムのKYC

XSL Labsが開発したエコシステムのコアにおいて、個人に関連する識別情報と証明書は、インターネット・オブ・トラストのSDIサブジェクトのデータの整合性と有効性を検証することができるソリューションです。

物理的な世界とデジタルの世界でのインタラクションの信頼を得ることは本当に困難です。 同時に、物理的な世界の方では、個人情報のコントロールはどんどん厳しくなっています。

2000年から、特に金融活動における規制の進化によって、企業と顧客に対しますます制限が課されています。

さらに、この制御を実装するのは企業にとってコストを増大させているので、RegTech(レグテック)(規制「Regulation」と技術「Technology」を組み合わせた造語)が生まれ、金融活動における規制上の義務を果たすためのテクノロジーを開発しています。

実際、この規制措置を行う義務を果たすために、実施されるコストは4,800万ドルと見積もられており、世界の巨大金融機関では、1億ドル(約114億円)を超えています。

この問題を解決するため、分散型アイデンティティ(DID)は、規制上の課題に対応し、ビジネスのコストを削減できる効果的な手段として考えられています。一般的に言うと、XSL LabsのSDIなどのソリューションのおかげで、デジタルの世界を進化させるため信頼できるネットワーク(インターネット・オブ・トラスト)を構築しています。

「Know Your Customer」とも呼ばれるKYC(顧客確認)は、企業は顧客の受け入れに対して明確な方針と手続きを持っているため顧客の身元確認を行う必要があるという指針となります。 例えば、口座開設を申し込む場合、本人確認手続きが必要で、その手続きを行っている人が本人かどうかを確認するプロセスです。

個人身元の証明(公的な住所の証明、身分証明書等)を本人が提供することが必要です。KYCは、新規に顧客が口座開設を行う際のみ行う手順きです。

KYCと密接に関連しているAML(マネーロンダリング防止の略)は、犯罪者集団によるマネーロンダリング(詐欺など)を防ぐための企業や組織より行われている対策のことを指しています。

この企業は、リスク評価、顧客と関連付けている受益者の本人確認の識別・検証、登録の時・取引関係の時のデューディリジェンスに対する対策、報告関連義務、内部統制監査、資産凍結までなどの義務を負う場合もあります。

環境が変化するにつれて、特定の規制基準が開発されており、他の業界に影響を与えるでしょう。それを超えて、デジタルの世界は物理的な世界と非常に密接な関係を形成しているため、デジタルの世界への信頼は不可欠であり、本当のチャレンジだと思われています。

デジタルサービスはすでに皆さんの日常生活の一部ですが、デジタルなので、目に見えないサービスが多いです。したがって、アイデンティティが検証されたら、デジタルインタラクションについての信頼を確立・維持することが重要です。このため、先ほど述べたように、規制のプロセスが必要なので、我々はSDIテクノロジーの開発と使用においてKYCメカニズムに依存している理由です。

我々のエコシステムでは、ONEアプリがKYCサービスの統合を可能にします。KYC認証を取得したら、その証明を見せる(送信)ことができるおかげで、全当事者間の信頼を構築し、インターネット・オブ・トラストに向かって一歩を踏み出します。

また、KYC仕組み(メカニズム)により、作成されたSDIは、登録する際にその特定の規制基準を満たすサービスに正当であることと見なされます。

SDIを作成すると、最初は未確認のステータスになります。つまり、所有者のデジタルIDは不完全であることを意味します。 KYCプロセスにより、SDIをアップグレードして検証できるようになります。

この検証は、身分証明書に含まれる個人データだけでなく、指紋や写真(顔認識)、さまざまな証明書(例:許可証、卒業証書など)等の生体認証(バイオメトリクス認証とも呼ばれ)を含みます。SDIユーザーのニーズおよびサービスをご利用希望の方についての詳しいデータも検証できる仕組みです。

これは、2段階のプロセスになります。 最初のステップはKYCの作成です。 現在、XSL LabsはKYCの自動化されたサービスになることはできません。したがって、最初は、このKYCサービスの正当性は、外部ソリューションに依存します(特にサービス登録の際)。 KYCサービスは、信頼できる発行者としてエコシステムに統合されます。

このように、発行者のIDを確認できるため、IPFS上、KYCサービスの公開プロファイルが閲覧可能になります。

次のステップは、XSL Labsが開発したテクノロジーです。 信頼できる発行者がKYC手順を完了すると、開発中のツールを介してSDIサブジェクトへの検証可能なリファレンスを返すことができます。

KYCがさまざまな関係者の期待に応える限り、多くのサービスにて使用できます。移動性のサービスで(モバイル)、ユーザーにとって、手順が簡単でとても便利なサービスになります。

言うまでもなく、将来的には高度な人工知能などの最先端のテクノロジーが使用されるでしょう。実際は、SDIサブジェクトは、自分のKYCを作成するため、必要なドキュメントを信頼できる送信機に送信します。

ドキュメントに記載されている情報が検証されたら、KYCを構成する情報も検証され、検証可能なリファレンスの形式でそれぞれの情報が発行されます(例:生年月日、名前、名、住所等)。これにより、SDIサブジェクトは、データの整合性、出所およびサービスへのアクセスするための必要な情報のみを開示することを送信することできます。

これは、検証可能なプレゼンテーションを作成するためのメカニズムです。SDIサブジェクトには、各アイデンティティ・データの検証可能なリファレンスを持っています。

サブジェクト(本人・ユーザー)は、サービスにアクセスするときに、どの情報を提供するかを選択することができるし、他の情報を含まない「検証可能なプレゼンテーション」の形で選んだ情報をまとめることもできます。つまり、ある2つのサービスが違う情報を要求する場合、同じKYCを使用して、2種類の「プレゼンテーション」を作成することができます。

こういう個人情報の検証メカニズムは、現在開発中ですが、実はまだまだ知られておらず、使われているサービスがほとんどありません。

オンライン出会い系アプリの場合、偽のプロファイルが多く、詐欺などのリスクが存在する可能性があるため、ユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。 このようなフレームワークで、SDIソリューションを使用したら、各個人のIDが検証され、サイトとアプリのメンバーが実際に本人であることを確認できることで、ユーザー間に信頼・セキュリティに頼るネットワークになります。

たとえば、田中さんはSDIを作成してから、KYCの申し込みを行い、本人であることを確認されるため、身分証明書等を送信します。発行者は、送信された文書と情報の信憑性を証明する「検証可能なリファレンス」の形で返事を返します。このように、田中さんはSDIを使用して、デーティングアプリで自分のアイデンティティを証明できます。田中さんのプロファイルは認証済みになり、アプリのユーザー間の「最適信頼性」関係ができています。

このプロセスは多くの分野に拡張できます。特にビデオゲームの場合、KYCのおかげで正式な認証を取得することができ、プレーヤーはすべてのゲームとプラットフォームで匿名のままで、一意の識別子を持つことができるだけでなく、ユーザーの経験も確認できるようになります。

さらに、この識別子のおかげで、不正行為を防ぐソフトウェアの使用を減らします。プレーヤーは、サーバーへのアクセスが禁止されたら、一意の識別子が自分のIDに密接にリンクされるため、新しいプロファイルや新しいSDIを再作成できなくなります。

つまり、SDIおよびKYCソリューションは、将来のデジタル世界を築いて、ネットワークでのインタラクションを安全にします。物理的な世界や日常の相互作用についての要求を完全に満たします。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア