米メイシーズ、感謝祭パレードのNFTをリリースへ

NYC、感謝祭のパレードをNFTに

アメリカのニューヨーク市で行われる巨大バルーンを用いたパレード、「メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレード」で、NFTのリリースが企画されていることが明らかになった。

メイシーズは米国の大手百貨店で、今回はパレードをテーマにした一連のNFTをリリースし、その収益を慈善団体のメイク・ア・ウィッシュ財団に寄付する計画となっている。

メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードは全米でも古くから行われているパレードの一つで、米国の祝日である感謝祭(サンクスギビング)に行われる。95回目となる今年は11月25日に開催を予定しており、テレビ放送も行われるという。

パレードのメインは、ポケモンのピカチュウのような著名なキャラクターによる巨大バルーンの行進だ。

ブロックチェーンにはポリゴン(MATIC)を採用しており、計9,510点のNFTが提供される。このうち、10点が特別なNFTとしてオークションにかけられる。

関連米NFL、Polygon基盤のNFT電子市場をローンチ

また、9,500点は無料で発行可能となり、NFTマーケットプレイスのSweet上で販売される。二次流通の収益の10%も寄付されるという。

メイシーズのエグゼクティブプロデューサーであるウィル・コス氏は次のようにコメントした。

この歴史を祝うために、私たちはNFTという形でアートを制作し、作品はパートナーであるメイク・ア・ウィッシュ財団の資金を集めると同時に、パレードのマジックを新たな世代にももたらしたい。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します