CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン6万ドル台キープ出来ず再転落、アバランチ時価総額トップ10に浮上

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

週明け22日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-2.37%の659万円(57,744ドル)と軟調な値動き。

BTC/USD日足

現時点で過去最高値からの調整幅は約15%。52,000〜53,000ドルのサポートライン(下値支持線)付近まで下落した場合、2021年以降の強気相場におけるプルバックの底値水準-20%台に達する。

週足では典型的な天井シグナルを示唆しており、4時間足で高値を切り下げる中、上値抵抗線の6万ドル(青ライン)をブレイクして下値支持線にロールリバーサルできるかどうかは目下の焦点と言えそうだ。

BTC/USD4時間足

関連: bitbankアナリスト寄稿|週明けから二段安を演じたビットコイン相場、下値目途を探る

先週まで「楽観」を示していたFear&Greed Indexは、50の中立まで落ち着いた。

Fear&GreedIndex

直近の市況について、ブロックチェーンデータ提供企業のSantimentは、大量のステーブルコイン(USDT)が取引所に入金されたことは、投資家の潜在的な「押し目買い(buy the dip)」圧力を示唆しているとの見解を示した。およそ4ヶ月前のトレンド転換時における(底値からの反転前)水準に匹敵するという。

出典:Santiment

オンチェーンアナリストの_Checkmate.btc氏は、BTCホルダーの利益率を表す「SOPR(Spent Output Profit Ratio)」が、損失域を示すマイナス圏に転じたことを指摘した。

過去の相場において、高値圏で買ったホルダーの降伏(損切り)は、底打ち反転シグナルの一つとして概ね機能している。ホルダーの入れ替わりは、上値の軽さにつながりやすい。

アルト市場と個別銘柄

スマートコントラクトプラットフォームAvalancheのネイティブトークン「アバランチ(AVAX)」が、時価総額トップ10まで浮上した。

アバランチは、相互運用可能で拡張性の高いエコシステムとして知られ、分散型アプリケーションとエンタープライズブロックチェーン展開を開始するためのオープンソースプラットフォームだ。

関連:初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

16日には、世界4大監査法人であるデロイト・トーマツの災害復旧用のプラットフォーム開発に、アバランチチェーンが利用されることが材料視された。

関連:アバランチ(AVAX)のブロックチェーン、大手デロイトが導入

シンガポールの大手ヘッジファンドThree Arrows CapitalのZhu Su CEOは、保有していたイーサリアム(ETH)のポジションをアバランチ(AVEX)に持ち替えたことを明かした。

Three Arrows Capitalは今年9月、Polychain Capitalとともにアバランチの2億3000万ドル(250億円相当)の資金調達ラウンドを主導した。

関連:仮想通貨Avalanche(AVAX)、機関投資家から250億円調達

イーサリアム経済圏を中心にDeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)の市場規模が急拡大する中、高止まりするネットワークのトランザクション手数料(Gas代)がボトルネックとなっており、ソラナやアバランチなど安価かつ高性能チェーンへの代替需要が大幅上昇している。

Avalanche財団は今年8月、1億8000万ドル規模の流動性マイニング・インセンティブプログラム「Avalanche Rush」を発表した。AaveおよびCurveの提供者(投資家)向けの流動性マイニングインセンティブとして、Avalancheのネイティブトークン「AVAX」を獲得できることにより、中・長期保有の動機を強めている。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧