NFT音楽プラットフォーム「Royal」、シリーズAで63億円調達

数々の著名ミュージシャンが資金提供

米著名ミュージシャン3LAU(ブラウ)氏の立ち上げたNFTプラットフォーム「Royal」は22日、5,500万ドル(約63億円)の資金調達ラウンドを完了したことを報告した。

このラウンドを主導したのは米大手ベンチャーキャピタルa16zで、Coinbase VenturesやParadigmなどのファンドや企業のほか、EDMデュオのThe Chainsmokers、ヒップホップアーティストのNasやLogic、ダンスミュージックのDisclosureなど、数々の著名ミュージシャンも投資に参加している。

Royal自体も、「3LAU」名義で活躍する米国の著名EDMミュージシャン・プロデューサーJustin Blau氏が、起業家のJD Ross氏と共同で立ち上げたプラットフォームだ。

今回の資金調達は、8月に発表した1,600万ドル(約18億円)のシードラウンドに続くものとなる。Royalは、「有名アーティストから新進気鋭のアーティストまで」、数多くのアーティストがRoyalプラットフォームへの参加を希望していることから、今回調達した資金はエコシステムの成長に充てるとしている。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

ファンがロイヤリティ収入を得ることが可能に

Royalは、ミュージシャンが楽曲のロイヤリティ(著作権)をファンに販売できるという画期的なビジネスモデルを提供している。ファンは、好きなミュージシャンから直接、楽曲の所有権をトークンの形で購入し、ロイヤリティを受け取ることが可能だ。

投資ラウンドを主導したa16zのジェネラルパートナーであるKatie Haun氏は、Royalのビジネスモデルについて、次のように説明した。

最も重要なことは、Royalがアーティストにストリーミング以外の新たな収益機会を提供することだ。ミュージシャンは、キャリアの早い段階でファンの支援を受けることができ、ファンもアーティストの活動に参加することで報酬を得ることができる。Royalは、ファンがアーティストの成功に直接参加できるという、過去には夢物語でしかなかった音楽サービスを構築している。

また、Haun氏は、アーティストとファンの関係性についても言及。これまでは、初期にアーティストを発見したファンでも、通常はそのアーティストの人気が高まるにつれてグッズやチケットが高価で入手困難になるなど、気軽に応援することが難しくなっていた。また、アーティストの方でも自分のキャリアを前進させてくれた初期ファンを知る方法がなかったが、NFTはこうした状況を変える可能性を秘めているいう。

Royalは10月、このコンセプトをテストするために、3LAUの最新シングルのストリーミング所有権の50%に相当するデジタル資産を、333個のNFTの形でファンに配布した。

このテストは成功で、これらのNFTについて二次市場で60万ドル(約7,500万円)以上の取引が行われ、現在は合計で600万ドル(約7億円)以上の価値が付いているという。

Blau氏は、Royalは8月末の開設以来、12万人以上のユーザー登録を達成しており、予想を上回る速度で成長していると話した。同時にBlau氏は、規制面の不確実さにも言及。NFTと著作権の結びつきは新しい法律分野であり、確固たるルールが確立されるまでには時間がかかるだろうとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します