米SEC、仮想通貨に関する公開討論会を開催へ

仮想通貨とデジタル資産の討論会

米証券取引委員会(SEC)は24日、来月2日に暗号資産(仮想通貨)とデジタル資産に関する公開討論会を開催する予定を発表した。

民間から参加者を招いて、投資家保護や市場の完全性を実現するために議論することが目的。議論のテーマにはブロックチェーン技術や仮想通貨ETF(上場投資信託)、ステーブルコインも含まれるという。

ETFとは

「Exchange Traded Fund」略で、特定の指数と連動する投資信託のこと。非上場の投資信託と違い、株式などと同様に証券取引所で売買ができる。

▶️仮想通貨用語集

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

関連仮想通貨市場は「ビットコインETF」の思惑先行、相場に影響与えるポイントは

現在、仮想通貨やデジタル資産の規制を急ぐ米国では、SECも大きな役割を果たしている。投資家保護の必要性などを訴えるGensler委員長の発言や、最近ではETFの審査やステーブルコイン規制に関する動向も市場から高い関心を集めてきた。

SECは今月、VanEck社が申請した現物ビットコインETFに対し、非承認という判断を下した。その理由について「このETFは、相場操縦や詐欺行為を防ぎ、投資家の利益を守るための要件を満たしていない」と説明している。

関連米SEC、VanEckの現物ビットコインETFを非承認

今回の討論会は、12月2日に開催する投資家諮問委員会で、午前中の1時間45分を使って行う。投資家保護を行いながら仮想通貨やデジタル資産を取り扱うにはどうすればいいのかを議論。規制の枠組みや市場構造の問題、リスクについて話し合う予定だ。

討論会には、米商品先物取引委員会(CFTC)のTimothy Massad元委員長やBlockchain AssociationのKristin Smith理事、Gemini TrustのSydney Schaub法務責任者、その他にも教授ら合計8名が参加する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します