CoinPostで今最も読まれています

英法律委員会、スマートコントラクトの法的取扱いを説明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

柔軟なコモン・ローの体系

英国における法体系の一つであるイングランドとウェールズ(以下、E&Wと表記)の法律委員会(The Law Commission)は25日、同地域における現行法は、スマートコントラクトへの適用に十分対応できると発表した。

「法典編纂委員会」とも訳される法律委員会は、法の改革を推進する目的で、1965年に設立された法定独立機関。時代遅れとなった不必要な法律や変則の廃止、類似した規則の削減などにより、法律の成文化を促進する。また法律の公正性、シンプルさ、現代の様式に見合っているか、また費用対効果等について調査や協議を行い、議会へ提言する役割を担っている。

法律委員会は英国のコモン・ローには柔軟性があるため技術開発にも対応可能と分析。E&W司法区域では、法令の改正なしに「ビジネスとイノベーションのための理想的なプラットフォーム」を提供できるとの判断を示した。

コモン・ローとは

コモン・ローとは一国に「共通する法律」の意味で、英国で生まれた法的概念。裁判所の判断に基づき判例の報告を積み上げた一般的な慣習法の体系として認識されている。

▶️仮想通貨用語集

司法特別委員会の結論

法律委員会はスマートコントラクトの中でも特に、法的拘束力のある契約義務を「スマート・リーガル・コントラクト」と呼び、分析の対象を当該コントラクトに限定している。

今回の同委員会の判断は、2019年に英国の司法特別委員会が発表した「暗号資産とスマート・コントラクトに関する法的声明」で示された結論に基づいているという。同声明では、現在の法的枠組みが、「スマート・リーガル・コントラクトの使用を促進し支援するために、十分な堅牢性と適応性を備えている」と立証していた。

なお法律委員会は、コードの性能に関するリスクなど、スマート・リーガル・コントラクトへの法的取扱いには不確実性もあるため、特定の問題を提示しつつ、その対処の方法について明示的な条項を含めることを当事者に奨励している。

一方、スマート・リーガル・コントラクトが普及するにつれて、市場では交渉や作成プロセスを簡略化する慣例やモデルが開発されるだろうと、同委員会は予想。市場には多くのチャンスがあると指摘した。

スマート・リーガル・コントラクトの特徴

法律委員会はスマート・リーガル・コントラクトの特徴を以下のようにまとめている。

  1. 契約上の義務の一部または全てがコンピュータプログラムによって自動的に実行されること(「自動性」)
  2. 契約が法的に執行可能であること

ユースケース

スマート・リーガル・コントラクトのユースケースとして法律委員会は、以下のような例を取り上げた。

  • DeFiの促進
  • サービス契約の監視
  • 不動産取引
  • 保険
  • 航空機への燃料補給
  • サプライチェーンの管理

英国政府も期待

英法務省のDavid Wolfson政務次官は法律委員会の調査報告に対し、政府はスマート・リーガル・コントラクトを含む新たな技術がもたらす変革の可能性について期待していると述べた。

我々は、世界をリードする法的サービス部門を望んでいるが、それが意味するところは、英国法が未来のテクノロジーに対応できるようにすることだ。法律委員会の調査結果は、スマート・リーガル・コントラクトを利用を望む人々にとって重要な法的確実性を提供するものだ。

今後の課題

同時に法律委員会は、既存の法律をスマート・リーガル・コントラクトに適用する際の課題も提示した。

更なる作業が必要な分野として、紛争が起きた場合、適用される主な法律やどこで裁定が下されるべきかという問題を特定。デジタル世界と現実の場所を呼応させ対応する難しさを指摘した。

そのため、政府と同委員会は、スマート・リーガル・コントラクトとデジタル資産を含む新興技術に適用される法の抵触に関して規則や改革の必要性を検討することで合意に達したという。

法律委員会はこのプロジェクトを2022年半ばにも開始したいとしている。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア