正念場迎える金融市場でビットコイン難局に、主要アルトはシバイヌトークンなど上昇

仮想通貨市況

30日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-0.29%の653万円(57,400ドル)とほぼ横ばい。59,000ドル台の回復を目前に反落した。

BTC/USD日足

一旦レンジ内を推移するが、垂れてくるようであれば安値更新からの下落トレンド転換が意識されるため、ブル派からすれば正念場。

金融緩和による金余り相場は現在進行形であり、投資家の余力は十分あることが想定されるものの、新型コロナウイルスの変異種オミクロン株の感染拡大と経済への影響如何で米株式市場が大崩れするようであれば、過去の相場を鑑みても暗号資産(仮想通貨)市場だけ対岸の火事というわけにはいかないだろう。

現在普及するファイザーやモデルナ製ワクチンが変異種に対してどこまで効果を発揮するかを含め、実態把握には数週間を要するとされる中、各国は水際対策で空路を遮断するなど、先行き懸念は募っている。

ドル指数から見る暗号資産

アナリストのジャスティン・ベネット(@JustinBennettFX)氏は、「ドル・インデックス(DXY)がブレイクアウトに失敗し、前週末のローソク足にクローズバックしている。これは95.80を下回る弱さを示唆する値動きだ。」と指摘。ドルの強さと逆相関傾向にある暗号資産(仮想通貨)資産市場にとって追い風であるとの認識を示した。

ドル指数の推移(Justin Bennett)

さらに同氏は、仮想通貨の全体時価総額(Total market cap)の観点から、強気の下降ウェッジの収束点が近いと主張。価格と相対力指数(RSI)が逆行する強気のダイバージェンスから、反転シグナルが出ているとの見立てを示している。

仮想通貨の全体時価総額の推移(Justin Bennett)

TechDev(@TechDev_52)氏は、前回の仮想通貨バブル期である2017年のチャートや、オイルショック(石油危機)を伴うインフレ局面で高騰した1970年代の金(ゴールド)価格チャートをプロットして、今後の値動きを想定した。

いずれも途中経過ではトレースするような推移を辿っており、最も理想的な強気シナリオ(理論値ベース)では、2022年3月頃までに1BTC=15万ドル〜25万ドルに達する可能性があるという。

アルト市場と個別銘柄

ここ数週間高騰していたメタバース関連銘柄が、上昇を一服。

ディセントラランド(MANA)が前日比-6%の4.82ドルとなったほか、ザ・サンドボックス(SAND)が前日比-8.6%の7.15ドルと後退。過熱感の反動で利益確定が相次いだほか、調整局面への警戒感が強まった。

時価総額上位のラージキャップアルトでは、CMC11位のアバランチ(AVAX)が前日比+8.14%、同12位のシバイヌトークン(SHIB)が前日比+14.1%、同19位のポリゴン(MATIC)が前日比+7.91%と反発。前週比ベースでは、CMC13位のテラ(LUNA)が+21.4%と高い。

Messari

シバイヌトークンは、VRパブリッシャー「ForwardReality」のチーフフューチュリストであるWilliam David Volk氏を「Shiba Inu Games」プロジェクトに迎え入れたことを発表。メタバース(仮想空間)進出の思惑で、買いが入ったものと見られる。

米カリフォルニア州のゲーム会社Activision在籍中には、コアとなるゲームエンジン設計のほか、オーディオ再生に関する特許の発明などにも携わっている。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します