米グレースケール、ソラナ(SOL)投資信託をローンチ

16番目の新商品

米最大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケールは11月30日、ソラナ(SOL)の現物で運用する投資信託をローンチしたことを発表した。

ソラナは高速レイヤー1ネットワークで、イーサリアム(ETH)の競争相手として人気を集めてきた。現在、時価総額5位に位置する主要銘柄となっている。

「Grayscale Solana Trust」はグレースケールが提供する16番目の投資信託になる。最近では、ソラナ(SOL)やエイダ(ADA)をバスケット型の投資信託「Digital Large Cap Fund」にも加えていた。

関連ソラナ(SOL)とユニスワップ(UNI)、グレースケールのバスケット型投資信託に採用

また、米国で最初にソラナの投資信託をローンチしたのはOsprey Fundsという仮想通貨投資企業で、9月より販売を開始した。

投資信託とは

投資信託とは、投資企業が多くの投資家から集めた資金を一つにまとめて、国内外の株式や債券などに分散投資を行い、その運用成果を投資家に分配する1つの金融商品。

グレースケールでは、私募という「資金調達」のプロセスは適格投資家に限定されており、発行された投資信託の株式(GBTC等)は二次市場(OTCマーケット)で全てのトレーダーに取引されている。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します