インドのモディ首相、仮想通貨の世界的規範作成を呼びかけ

仮想通貨をめぐるモディ首相の発言

インドのナレンドラ・モディ首相は10日、米バイデン大統領が主催するバーチャルサミット「民主主義のためのサミット」でスピーチを行い、その中で暗号資産(仮想通貨)のような新興技術について世界的な規範が必要だと発言した。

モディ首相は次のように述べている。

インドは、すべての革新的なデジタルソリューションの分野で透明性を促進していきたい。

私たちは、ソーシャルメディアや仮想通貨などの新技術について、民主主義を弱体化させるのではなく、強化するために使用されるような世界的な規範を共同でかたちづくっていかなければならない。

モディ首相は11月、サイバーテクノロジーについての国際的なイベント「シドニーダイアローグ」に出席した際にも仮想通貨に言及。「民主主義国家が協力して、仮想通貨がそれを不正に使用する人々の手に渡らないようにすることが重要」だと呼びかけていた。

仮想通貨規制法案の行方は?

インドでは、まもなく仮想通貨規制法案が国会に提出される見込みだ。規制の先行きについては、依然不透明な状況である。

インドのニュースメディアNDTVは、草案は仮想通貨を伝統的な金融セクターから分離することで、金融安定性へのリスクを最小限にしようとする内容を含むと報じている。

また、仮想通貨について政府の規則に違反した個人や企業は、最大2億インドルピー(約3億円)の罰金と1.5年の懲役を科せられる可能性があり、インド証券取引委員会を仮想通貨および仮想通貨取引所の最高規制機関に任命することを提案しているという。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)である、デジタルルピーを創設できるような基盤も提案される見込みだ。

11月に、法案の概要が公開された際には、それがビットコイン(BTC)など「全ての民間仮想通貨の禁止」を示唆していたためインドの仮想通貨業界で混乱が生じた。

これを受けて、インドのNirmala Sitharaman財務大臣は、法案には2019年時点の草案から削除できなかった文言も組み込まれているが、新たな法案は、仮想通貨セクターが急速に変化している状況も考慮すると説明している。

また、2019年に同法案を起草した元財務長官のSubhash Garg氏は、民間仮想通貨の禁止は間違いだったとの考えを明らかにした。

関連インドの仮想通貨規制はどうなる 今議会に提出予定の法案

法案では、自己管理型ウォレットが禁止される可能性も浮上しており、仮にそうなれば、インドのユーザーはDeFi(分散型金融)、NFTマーケットプレイスなどにアクセスできなくなるとも懸念されている。

インドの仮想通貨投資家Gaitonde氏は、インド政府が仮想通貨業界と協議を行っており、イノベーション維持に関心を示していることから、最終的な法案では仮想通貨をより柔軟に取り扱うようになる可能性もあるのではないかと意見した。

DeFiとは

ブロックチェーンを活用し、中央管理者不在の状態で行われる金融サービス、またはそのシステムを指す。「Decentralized Finance」の略。DeFiで行われる金融サービスには、ステーブルコインの発行や通貨の貸出、仮想通貨取引所などがある。イーサリアムのブロックチェーンを利用しているプラットフォームが多い。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します