CoinPostで今最も読まれています

インドの仮想通貨規制はどうなる 今議会に提出予定の法案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨法案への懸念

暗号資産(仮想通貨)に関する法律が未整備のインドで、ようやく仮想通貨法案の審議が開始しそうだ。議会公報によると、「仮想通貨と公式デジタル通貨規制法案2021」が29日に召集された今期のインド議会に提出される予定だった。

しかし、23日に公開された法案の概要は「全ての民間仮想通貨の禁止」を示唆していたため、インドの取引所WazirXではビットコインが13%以上下落、テザー(USDT)も急落した。

仮想通貨業界や市場で混乱が生じたため、インドのNirmala Sitharaman財務大臣はいくつかの点について議会の質疑応答で明らかにした。

  • 仮想通貨法案は2019年の草案やその他の提言に基づいている
  • インド政府はビットコインを通貨として認める予定はない
  • 政府はビットコインの取引データを収集していない
  • 仮想通貨の広告は注意深く監視するが、現状では広告禁止までは検討していない

しかし、それ以上の詳細についてSitharaman大臣は、間も無く提出される法案を待つようにと回答した。

なお政府公報に記載された法案の概略は以下の通り。

この法案は、インド準備銀行が発行する公式のデジタル通貨の創設を促進する枠組みを作ることを目的としている。また、インドにおけるすべての民間暗号通貨を禁止を求めるものであるが、仮想通貨の基礎となる技術とその使用を促進するために、一定の例外を認める。

仮想通貨禁止は間違い?

一方、インドの元財務長官で2019年に同法案を起草したSubhash Garg氏は、民間仮想通貨の禁止は間違いだったとの考えを明らかにした。

現地のオンラインニュース「News18」のインタビューに答えたGarg氏は、まだ仮想通貨法案は閣議決定されていないため、実際に4~5週間という会期中に議会に提出されるかどうか「疑わしい」と切り出した。

仮想通貨は「人類にとって有益なツール」だが、通貨として認め、通貨の発行権を民間に許可すると、さまざまな問題が噴出するだろうと同氏は危惧している。そのため、インドでは民間企業による通貨発行を認めることはできないと主張。2019年の法案では、通貨の特性について焦点が当てられ、インド準備銀行(RBI)が発行するデジタル通貨(CBDC)の導入を提案することにつながったと述べた。

CBDCとは

CBDC(中央銀行デジタル通貨)とは、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。

▶️仮想通貨用語集

しかし、CBDCの導入に関しても非常に複雑な問題だとGarg氏は言う。巨大な人口を抱えるインドの「全国民がスマートフォンを持っているわけではない」中、どのようにしてデジタルウォレットを作成するのかと指摘。CBDC導入前に解決する問題は多く、議論を重ねる必要があると述べた。

仮想通貨の禁止に関しては、おそらく間違いだったとGarg氏は述べ、法案がまだ準備できていない中、そのような提案をすることは誤解を招く行為だとした。理想としては、政府がステークホールダーや仮想通貨投資家と議論をした上で、法案を作成することだと付け加えた。

さらに同氏は、仮想通貨は非常に大きな可能性を秘めた新しい技術であり、「誰も完全には理解していない」ため、何がインドにとって最善なのか広く議論を行うことが必要だと主張した。

関連:インド政府、仮想通貨業界から意見聴取へ

資産として分類できるか

Garg氏は仮想通貨を資産として分類し、商品のように課税するというアプローチについては、「大きな間違い」だと次のように述べている。

仮想通貨は、暗号化された資産であり、暗号化されたサービスであり、経済全体である。。。このようなものを資産として扱うのは、あまりにも単純化しすぎている。

このような仮想通貨の多面性も、インドで仮想通貨法案の提案が困難を極める原因の一つとなっているのかもしれない。

関連:インド政府、仮想通貨を資産と認める方針か=報道

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア