バイナンス、インドネシアにデジタル資産取引所を設立へ

デジタル資産取引所を設立へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは14日、インドネシアを拠点にしたデジタル資産取引所を設立すると発表した。

同国の大手通信企業「Telkom Indonesia」のベンチャーキャピタル部門「MDI Ventures(以下、MDI)が主導する企業連合と協業。バイナンスは取引所のプラットフォームの開発を支援し、インフラと技術を提供する。人口が2.7億人超で世界4位のインドネシアで、ブロックチェーンのエコシステムを拡大することが目的だ。

バイナンスについては11日、『ブルームバーグ』が情報筋の話として、インドネシアに仮想通貨取引所を設立する計画を進めていると報道。その際、「Telkom Indonesia」と同国の大手銀行「PT Bank Central Asia」と協業していると説明していた。

関連バイナンス、インドネシアに仮想通貨取引所を設立か

今回発表したプレスリリースでは、MDI以外に協業する企業については説明されていない。また、「仮想通貨取引所」ではなく、幅広く「デジタル資産取引所」を設立すると表現しているが、取り扱う資産についても現段階では不明確だ。

Changpeng Zhao最高経営責任者(通称、CZ)は以前から、インドネシアは近い将来、東南アジアにおけるブロックチェーン経済圏の中心の1つになりうると主張している。今回の発表では以下のようにコメントを寄せた。

 

バイナンスの目的は、世界でブロックチェーンや仮想通貨のエコシステムを拡大させること。今回のインドネシアの取り組みは、その目的のための大きな一歩となる。

 

MDIのマーケットでの経験を活かし、現地のユーザーにすばらしいプロダクトを提供できるだろう。

また、MDIのCEOは以下のように述べている。

 

仮想通貨やブロックチェーン技術は、間違いなく将来的に金融やデジタルインフラの領域で重要な役割を担うだろう。

 

バイナンスや他に投資してくれるパートナーと協力し、インドネシアのデジタルインフラを発展させていきたい。

バイナンスの取り組み

バイナンスは、各国・地域の規制当局から監視の目が強まる中でも、同社の目的であるグローバルな事業拡大を進めている。

関連仮想通貨取引所バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ

先月3日にはフランスの非営利団体「France FinTech」とパートナーシップを締結したことを発表。フランスや欧州全体でブロックチェーンや仮想通貨のエコシステムにおける開発をサポートするため、1億ユーロ(約130億円)を活用する取り組み「Objective Moon」を開始すると説明した。

関連バイナンス、欧州で130億円規模の仮想通貨取り組み

また今月には同社のシンガポール法人「Binance Asia Services」が、シンガポールの規制下にある未公開株式取引所「Hg Exchange」に出資したことが分かった。この出資を通して、株トークン市場に再参入するとの見方もある。

関連バイナンス、Zilliqa基盤の株トークン取引所に出資へ

バイナンスは今回のプレスリリースで、インドネシアの取引所設立は、これらの動きに続くものであると説明した。

株トークン

上場企業の株式をトークン化した金融商品を指す。バイナンスは今年4月から、株トークンの取引を開始したが、欧州や香港の規制当局の懸念を受け、7月に販売中止を発表した。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します