FTX、2つのNFTゲーム銘柄が初上場予定

2つのメタバース系銘柄が上場予定

大手グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは、2つのメタバース系銘柄の初上場予定を発表した。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

1つ目はMonkeyBall(MBS)という銘柄で、日本時間21日23時に取引を開始する予定だ。取引ペアはMBS/USDで、現物取引のみになる。

サッカーゲームであるMonkeyBallはソラナ(SOL)基盤の次世代Eスポーツのメタバースで、「play-to-earn(遊んで稼ぐ)」の要素が盛り込まれている。FTXへの上場はMBSの初めての取引所上場となる。

出典:FTX

2つ目は、Guild of Guardians(GOG)という銘柄だ。こちらは、日本時間22日10時の上場予定で、取引ペアはGOG/USD、現物取引だけ提供される。

Guild of Guardiansはユーザーがチームを結成し戦い、報酬を得る「遊んで稼ぐ」のRPGゲームだ。利用するブロックチェーンは「Immutable X」というNFT専用のイーサリアムレイヤー2ネットワークで、人気NFTカードゲーム「Gods Unchained」もこのネットワークを採用した。また、パートナーには、Immutable Xのほか、フランスのゲーム大手Ubisoftの名も挙がっている。

GOGもMBSと同様、FTXへの上場が初めての取引所上場だ。

出典:FTX

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。メタバースでのファッションアイテムやゲームのアイテム、またアート作品など、幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します