NY州金融規制当局、仮想通貨部門のチーフを新しく雇用

NY州当局、仮想通貨部門に新責任者

米国のニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、IBMが所有する金融サービス会社Promontory Financial Groupの元デジタル資産戦略担当ディレクターを、新しく仮想通貨部門のチーフとして採用した。

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)とは

ニューヨーク州の政府機関。ニューヨーク保険・銀行・金融サービス法の対象となるものをはじめ、金融サービスや製品を規制している。

▶️仮想通貨用語集

NYDFSリサーチ・イノベーションセンターの暗号資産(仮想通貨)担当監督代理として選ばれたのは、Peter Marton氏。IBM傘下の金融サービス企業Promontory Financial Groupには6年在籍し、最後の年にデジタル資産に特化した役職に就いていた。

Marton氏は5日、12月からNYDFSで仕事を開始したと発表。「仮想通貨の監督は短距離走ではなく、長距離走であるべきで、私はこの分野で努力を続けられることを楽しみにしている」と述べている。

NYDFSは、2019年に初めて仮想通貨を主に担当とする監督代理を募集した。この職位は、NYDFSの仮想通貨政策の決定に関して専門知識を提供するとともに、ビットライセンスなど、関連するライセンスの審査を行うスタッフを指導するものでもある。

ニューヨーク州は、金融の中心地であるが、仮想通貨に対して厳格な姿勢を取っていることで知られており、こうした方針が、今回の人事により変化することがあるのか、注目される。

取得ハードルの高い「ビットライセンス」

同州で活動するために、仮想通貨関連企業は「ビットライセンス」という事業者ライセンスを取得する必要がある。このためには、広範に財務情報を開示し、数多いサイバーセキュリティとマネロン対策の規則を遵守していることを証明しなければならない。

また、ニューヨークポストによると、ビットライセンスの取得には、通常100万ドル(約1億円)以上の費用がかかり、これまでに同ライセンスを取得しているのはわずか20社だけだという。

NY新市長に期待する声も

ニューヨーク州の自治体の一つ、ニューヨーク市では、1月より新市長として仮想通貨支持派のEric Adams氏が就任した。

仮想通貨コミュニティからは、Adams新市長が、ニューヨーク州の仮想通貨規制当局に対して、ブロックチェーン・スタートアップ企業などに取って、より良い環境を作るよう働きかけることを期待する声も上がっている。

Adams氏は当選の際に、最初の給与をビットコイン(BTC)で受け取ることも宣言していたが、その後、現在ニューヨーク市では、職員にドル以外の通貨で給料を払えないことが明らかになった。

Adams氏は、市の給与支払い方針に変更を加えることを望んでいるが、市長の広報担当者によると、変更が行われない間、Adams氏は受け取った給与を、自分でビットコインと交換することになるという。

関連次期ニューヨーク市長、給与のビットコイン受け取りを宣言 マイアミ市長に続く

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します