米パンテラ、ビットコイン関連ファンドに53億円追加

「Bitcoin Feeder Fund」を拡大

米大手暗号資産(仮想通貨)投資企業パンテラは「Bitcoin Feeder Fund」で53億円調達したことがわかった。

Bitcoin Feeder Fundは2019年にローンチされたファンドで、パンテラが運用する主要なビットコインファンド「Bitcoin Fund」への間接投資を投資家に提供している。

このファンドは1年前には56名の投資家が参加しており、20億円規模だったが、今回の調達で投資家が153名に増え、約73億円の運用規模に拡大した。

パンテラは「ブロックチェーンファンド」や「アーリーステージトークンファンド」など複数の仮想通貨関連ファンドを運用し、Circle、BitGo、コインベース、FTX、NEAR、ポルカドット(DOT)など数多くのプロジェクト・企業に出資。現在の運用資産額は約7,400億円に達している。

また、昨年11月、同社は新たなファンドで主に大学基金(エンダウメント)といった機関投資家から約700億円相当の資金を調達しており、今年の3月までに1,100億円に到達すると見込んでいることが報じられた。

関連米パンテラ、新規仮想通貨ファンドで約700億円調達=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します