加マイニング企業Bitfarms、49億円相当のビットコインを買い増し

上場企業の仮想通貨購入事例

ナスダックに上場する暗号資産(仮想通貨)マイニング企業Bitfarmsは10日、4,320万ドル(約49億円)相当のビットコイン(BTC)を買い増ししたことを発表した。

2022年1月の第1週に1,000BTCを購入したと説明。同社のビットコイン保有量は、200億円相当の4,300BTCを突破した。

関連初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

Bitfarmsはカナダを拠点する、ビットコインのマイニング企業。2017年に創設され、トロント証券取引所(TSX)へ上場した後、2021年6月にナスダックに上場した。環境への影響を配慮し、施設の電力の99%以上に水力発電を利用していることが大きな特徴だ。

関連ビットコイン採掘企業、ナスダック上場へ

1月3日時点では、同社は2021年には、3,301BTCを保有。今回購入した分で4,300BTCになり、保有量が30%増加した格好だ。

Bitfarmsの最高経営責任者は今回のBTC買い増しについて以下のようにコメントした。

我々の戦略は、株主のために、低いコストで迅速にビットコインの保有量を増やすことだ。そのために、常に資本を効率的に配分している。

マイニング機器の値段は現在も高いままだが、ビットコイン価格が下落したことで、現金をビットコインに替える機会を得た。我々はこれからも成長戦略を遂行し、2022年末までにハッシュレートを8Exahash/sに到達する目標を達成していく。

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。「1秒間に何回計算ができるか(Hash/s)」を表しており、マイニング機器の処理能力を表したり、仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示したりする際の指標として用いられる。

▶️仮想通貨用語集

関連マイニングにおけるDifficulty(採掘難易度)とは|ハッシュレートとの相関性について解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します