ビットコイン採掘企業、ナスダック上場へ

マイニング企業、ナスダック上場へ

カナダの暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)マイニング企業Bitfarms社は7日、ナスダックグローバル・マーケットへの上場申請が認められたことを発表した。マイニング企業によるナスダックのグローバルマーケット上場は初の事例となる。

ナスダックの上場マーケット:①グローバル・セレクト・マーケット、②グローバル・マーケット、③キャピタル・マーケット(順に上場基準が厳しい)

発表によれば、ナスダック上場のタイミングは未だ定まっていないものの、Bitfarm社が上場するための最後の要件は、同社の株式がDTCの電子決済と清算に対応可能であるかの確認だという。

DTC(Depository Trust Company)は世界最大級の「ほふり」機関(証券保管振替機関)に相当するDTCCの傘下企業。上場のプロセスはスムーズに進んでいる模様で、ナスダックでのティッカーは「BITF」となる予定だ。

Bitfarmsは2017年に設立されたカナダのマイニング企業。既にトロント証券取引所(TSX)で上場済みで、3月には48,000のMicroBTマイナーの買収を発表していた。現在1.0EHを誇るマイニング処理能力は21年末には3.0EH、22年末には8.0EHに拡大すると展望する。

Bitfarms社はこれまで「BFARF」のティッカーで取引されてきたが、ナスダック上場に伴い、TSXでもBITFのティッカーに移行する。

ナスダック上場の承認に伴い、BitFarms社のEmiliano Grodzki CEOは以下の通りコメントした。

ナスダックへの上場承認は、弊社にとって信じられない快挙であり、複数年にわたる努力と献身の結果である。

この4年間で、世界最大級のビットコイン・マイニング拠点を構築・運営してきた。世界で最も権威のある取引所の一つに上場し、当社の市場範囲を大幅に拡大することはふさわしいことだ。

Bitfarmsはカナダのフランス語圏にあるケベック州に5つのマイニング拠点を置いており、100%水力発電で稼働している。ケベック州はカナダでも温度の低いことで知られており、低い時には-20度を下回ることもある。

関連:「仮想通貨業界の温室効果ガス排出量をゼロに」──仮想通貨気候協定

北米のマイニング活発化

最近北米圏、特にアメリカでは仮想通貨マイニングの拠点が相次いで設立されている。

安価な電気代を有するテキサス州やケンタッキー州では仮想通貨採掘に有意義な法整備も進められている。

関連:米ケンタッキー州、マイニング企業への税制優遇法案が成立

なお、ナスダックでは既にMarathon Digital Holdingsが上場しているが、こちらはナスダックの提供する3つのマーケットの内、「キャピタル・マーケット」と呼ばれ、上場基準の厳しさが低い市場での上場だ。

Marathon社は21年1Qだけで196BTCを採掘しており、マイニング機器を追加発注した他、米国の規制に準拠したマイニング・プールの設立も発表している。

関連:米マイニング企業Marathonの株価が高騰、21年第1四半期に196BTCを採掘

著者:Noah Sakamaki
参考:Globe Newswire

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します