ディーカレット、暗号資産(仮想通貨)交換事業撤退か=日本経済新聞

ディーカレット、暗号資産事業撤退か

ディーカレットホールディングスは、傘下の暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットの売却方針を固めた。日本経済新聞が報じた

後発の交換業者として業績が伸びず、採算が合わなくなったことが事業売却の主要因とみられる。売却先は香港のスタートアップ企業Amber Group。

Amber Groupは、金融機関・投資家向けに暗号資産OTC取引やデリバティブなどサービスを提供しており、21年6月には、シリーズB資金調達ラウンドで1億ドル(111億円)を調達したことを発表した。

21年9月には、株式市場への直接上場(DPO)を検討していることがわかった。

関連:機関投資家向け仮想通貨企業Amber Group、2年以内に株式の直接上場目指す

デジタル通貨事業に専念

ディーカレットHDは、22年内の発行及び実用化を目指すデジタル通貨「DCJPY」事業に専念するという。 DCJPYは、二層構造を持つ円建てのデジタル通貨として設計されており、当面は銀行が発行主体になることを想定する。

ディーカレットが事務局を務める「デジタル通貨フォーラム」には、3メガバンクやNTTグループなどが参加しており、2021年度内に概念実証(PoC)を実施する予定。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します