米コインベースNFT電子市場、マスターカードと提携

カード決済を可能に

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは18日、NFT電子市場「Coinbase NFT」で大手決済企業マスターカードと提携することを発表した。

コインベースはこの提携を通して、ローンチする予定のCoinbase NFTを今後利用するユーザーにシンプルなカード決済方法を提供する。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

マスターカードは共同発表で、「NFTは、Tシャツをオンラインで購入するようにシンプルでなければいけないが、現在のNFT電子市場のほとんどは仮想通貨ウォレットを必要としている」と指摘し、決済方法の簡素化の重要性を強調した。

コインベースは昨年10月にCoinbase NFTを発表した。現時点ではまだ「早期アクセス用順番待ちリストに参加する」という状態だが、すでに100万人以上が登録している。

関連米コインベース、NFTゲームコミュニティYGGと提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します