bitbank、メイカー(MKR)が国内初上場へ

メイカー(MKR)が国内初上場へ

国内仮想通貨取引所bitbankを運営するビットバンク株式会社は19日、25日よりメイカー(MKR)の取扱いを開始することを発表した。国内仮想通貨取引所では初の取り扱い事例となる。

メイカーは、現物取引所(板取引)において、MKR/JPYとMKR/BTCの通貨ペアで提供される。

メイカー(MKR)とは

メイカー(MKR)は、2017年に公開されたステーブルコイン「ダイ(DAI)」の発行・管理や、レンディングプラットフォームを提供するプロジェクト。MKRはこのプラットフォーム上でガバナンストークンとして使用することができる。

DAIと相互関係にあり、2つで1つの機能を持つ仮想通貨と言える。メイカーは「価格変動型」、DAIは「価格安定型」である点で異なる。

bitbankは、仮想通貨の新規上場に積極的で、2021年10月にはシンボル(XYM)を、12月にはチェーンリンク(LINK)を新たに取り扱い開始している。

関連:充実した板取引、bitbankの特徴とおすすめポイントを紹介

関連:ステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します