英VCブロッサム・キャピタル、百億円を仮想通貨分野に投資

欧州のスタートアップを支援

英ロンドンを拠点とするベンチャーキャピタル「ブロッサム・キャピタル」(Blossom Capital)は18日、ヨーロッパの技術系スタートアップを支援する新規ファンドで4億3200万ドル(約495億円)を調達することに成功したと発表した。同社は調達した資金の3分の1を、アーリーステージにある暗号資産(仮想通貨)関連の新興企業に投資する計画だと明らかにしている。

ブロッサム・キャピタルは、米シリコンバレーのVC(Index Ventures, Local Globe)で経験を積んだOphelia Brown氏が2018年に設立。ヨーロッパにもシリコンバレーと同様「野心的で才能豊かな新世代の起業家」が多く存在するにもかかわらず、「初期(シリーズA)の資金調達にギャップがある」と実感したことから、ブロッサムを立ち上げたのだという。

同社が初期に投資した英決済企業「Checkout.com」は先週(1月13日)、シリーズDラウンドで時価総額400億ドル(約4.6兆円)と評価を受け、10億ドル(約1,150億円)の資金調達に成功。ブロッサムの運用資産は10億ドル規模となった。

関連:英大手決済企業Checkout.comが1,000億円以上調達、Web3.0にも注力

仮想通貨分野への投資

ブロッサムこれまで、セキュリティ(Tines)からメッセージアプリ(SuperChat)、食料品の即時配達(Dija:Gopuffが買収)など多様な分野のスタートアップに投資。仮想通貨関連企業への初の投資先としては昨年11月、5億5500万ドル(637億円相当)の資金調達に成功したMoonPayがある。ブロッサムは最初期の2019年5月の資金調達ラウンド(264億円の調達に成功)に参加していた。

現在、時価総額34億ドル(3,900億円)となったMoonPayは仮想通貨決済のインフラを提供。クレジットカード、Apple Pay、オープンバンキングを利用して90以上の仮想通貨銘柄の取引が可能で、700万人以上のユーザーを抱えている。

Brown氏は2012年にビットコイン(BTC)を購入して以来、個人的には仮想通貨スペースと積極的に関わってきたという。ファンドとしての適切な参入時期を毎年議論してきたが、昨年初めに同分野で活動を広げる思いが高まったとコメントしている。

同社のマネージング・パートナーであるAlex Lim氏は今後、仮想通貨インフラをはじめ、Web3.0、プロトコル、また消費者向けサービスへ関わっていくことを考えていると語った。

我々は早期投資に焦点を当てている。これは単なるバブルではなく、ここには市場が創造されている。

仮想通貨とNFTの保有

仮想通貨メディアThe Blockの報道によると、ブロッサムは仮想通貨やNFTにもすでに投資しているようだ。Brown氏は、ファンドによるNFTの保有を認めると同時にコミュニティの可能性を信じていると述べている。また、同社はWeb3.0組織への投資に必要となるインフラ開発に、多くの時間と資源を投じているとも語った。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します