高速ブロックチェーン「アバランチ」、アジア初のハッカソン開催へ

アバランチ・ハッカソン開催へ

暗号資産(仮想通貨)投資企業のAvatar Venturesは24日、DoraHacksと共に、高速ブロックチェーン「アバランチ(AVAX)」のソフトウェア関連ハッカソンのアジア初開催を発表した。

DoraHacksは、国際的なハッカソンのオーガナイザーであり、世界で最も活発なWeb3開発者コミュニティの1つ。審査員としては、Avalaunch、Colony、BenQiなどの機関が支援する。

AVATAR(Avalanche Asia Star Fund)、Blizzard Fund、などがスポンサーとなり、賞金総額は500万ドル(約6億円)以上。世界各国からチームの参加が可能となる。

イベントは2月1日から開始予定。今回のハッカソンを通じて、アバランチ上でDeFi(分散型金融)やWeb3.0、メタバース(仮想現実)、NFT(非代替性トークン)、GameFiなどの領域で開発者のイノベーション推進を狙う。

ハッカソンとは

「Hackathon」は「ハッキング」と「マラソン」を組み合わせたIT用語。エンジニアや技術者などがチームを編成し、決められた期間内で提示されたテーマに沿ったアプリケーションやサービスを開発し、その成果を競い合うイベント。

▶️仮想通貨用語集

スポンサーには、以下のアバランチ系の投資ファンドなどを筆頭に、20社以上の団体が参画する。

  • AVATAR (Avalanche Asia Star Fund)
  • Blizzard Fund
  • Avalaunch
  • Colony
  • BenQi
  • Huobi Incubator
  • Longhash Ventures
  • Coin98
  • CoinGecko

アバランチとは

アバランチ(Avalanche)は高速トランザクションが特徴のL1プラットフォーム。ガス代(取引手数料)の高騰や取引の遅延(スケーラビリティ問題)が取り沙汰されるイーサリアム(ETH)の対抗馬として注目を集める「イーサリアム・キラー」の一種とされる。

関連:初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します