米資産管理会社WisdomTree、個人向けの仮想通貨アプリをローンチへ

「WisdomTree Prime」をローンチ

米国の資産管理会社WisdomTreeは28日、個人投資家向けの暗号資産(仮想通貨)アプリをローンチすることを発表した。

WisdomTree(ナスダック上場)はビットコインETFの申請やビットコインファンドの運用などで知られる企業で、仮想通貨だけでなく伝統金融商品も取り扱っており、現在の運用資産総額は8.6兆円に達している。

関連米WisdomTree、現物ビットコインETFの申請に再挑戦

「WisdomTree Prime」という新しいアプリはブロックチェーン基盤のデジタルウォレットで、ユーザーが今後仮想通貨やWisdomTreeの指数に基づくブロックチェーン関連ファンド、ドルやゴールドをトークン化した資産などに投資し運用することができる。

また、デジタル資産を消費で利用できるデビットカードの機能も開発しているという。

WisdomTreeは、アプリがブロックチェーンネイティブになり、DeFi(分散型金融)が提供する透明性や包摂性を目指し、伝統金融にある仲介の役割をなくすことで他のフィンテックアプリと差別化できると説明。

アプリのベータ版ローンチは2Qに予定されており、全国での正式ローンチは年内に実現する見込みだ。

WisdomTreeは米国で仮想通貨事業を進めているほか、欧州では複数銘柄のETP(上場取引型金融商品)をローンチしている。

関連WisdomTreeなど、欧州で複数の仮想通貨ETPをローンチ

ETPとは

ETP(上場取引型金融商品)は、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)、コモディティ上場投資信託(ETC)など、取引所に上場し特定の指標の値動きに連動する運用成果を目指す金融商品の総称。(野村証券引用

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します