米コロラド州知事、仮想通貨による納税システムを再び提案

ビットコインによる納税を構想

米コロラド州知事は29日、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)による州税支払いを可能にすることを、引き続き提案していく姿勢を示した。全米知事協会での発言をブルームバーグが報道した。

コロラド州のJared Polis知事は、仮想通貨市場が下落局面を迎えた現在でも、この考えに変更がないとの見解を明らかにした。

Polis知事は、受け取った仮想通貨を即座に米ドルに変換するシステムを構想していると発言。以下のように構想を語った。

コロラド州が、仮想通貨の形で資産を保有することは一切ないだろう。受け取った仮想通貨は、取引発生時に即座に米ドルに変換される。

州政府は、よかれあしかれ、投機的な側面に参加することに関心は持たないだろう。単純に決済のための交換手段として使うだけだ。

また、こうした仕組みは、グローバル企業が外貨決済を受け付けることにも似ていると続けている。

Polis知事は以前より仮想通貨支持派で、2014年という早い時期から選挙資金の寄付をビットコインでも受け付けている。

21年5月には、大型仮想通貨カンファレンス「コンセンサス2021」で、「様々な仮想通貨での税金支払いを受け付ける最初の州になれれば、とても嬉しい」と語っていた。

また、「コロラド州はブロックチェーン・イノベーションを先導しており、これからも、関連インフラ、デジタル・アイデンティティなどの分野で、イノベーターを引き寄せたい」とも述べていた。

なお、米国では既に仮想通貨による納税システムが設置された事例がある。オハイオ州は2018年、企業が仮想通貨を使って納税できる「OhioCrypto.com」を創設。しかし、同プログラムでは利用企業が少なかったため、2019年にサービス終了した経緯がある。

関連:米オハイオ州、米国初の「仮想通貨ビットコイン納税サービス」を停止

デジタル・アイデンティティとは

人、組織、デバイスなどをコンピュータで処理するためのアイデンティティ(ID)情報。本人の身元情報、権利・資格などの確認、ネットワーク上での手続きやデータ共有などを可能にする。

▶️仮想通貨用語集

ビットコイン法定通貨化の提案

米国では、最近テキサス州やアリゾナ州でも、仮想通貨関連の動きが活発化しているところだ。

アリゾナ州では25日、ビットコインを州の法定通貨にする法案が提出された。

また、テキサス州知事に立候補しているDon Huffines氏も、当選した場合は仮想通貨を推進する政策を行うと宣言。同氏は、州においてビットコインの法定通貨化を検討すること、仮想通貨保有者やマイナーの保護、仮想通貨マイニングにおけるフレアガス利用の促進などを挙げた。

なお、米国の憲法では、州が独自の法定通貨を定めることは認められていない。州がビットコインを法定通貨とすることについて、実現可能性は不明だ。

関連テキサス州知事候補、州政府のビットコイン保有や法定通貨化検討を主要政策に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します