米マイクロストラテジー、28億円のビットコイン買い増し

今年初の買い増し

米上場企業として最多の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを保有するマイクロストラテジー社は1日、28.6億円に相当する660ビットコイン(BTC)を買い増ししたことを発表した。

今回の平均取得価格は37,865ドルで、全体の平均取得価格が30,159ドルから30,200ドルに変わった。また、保有するビットコイン数は昨年12月の124,391BTCから125,051BTCに増えたという。

同社のPhong Le最高財務責任者は1月25日のWSJ取材で、今後も余剰のキャッシュフローと資金調達を利用し、より多くのビットコインを入手していく意欲を示し、保有しているビットコインを売却する計画はないと述べていた。

関連米マイクロストラテジー、「これからもビットコインを購入へ」

一方、SECは昨年12月に、マイクロストラテジーのビットコイン減損に関する会計方針を指摘し却下した背景がある。

関連米マイクロストラテジー、ビットコインの減損を計上へ SECの指摘受け

2021年4Q報告

1日に公開された2021年4Q(10月〜12月)の決算報告によると、マイクロストラテジーは同期ではビットコイン保有の減損が3Qの約-75億円から-168億円に増えたという。

無形資産として扱われるビットコイン等仮想通貨は価値下落が減損として記録されるが、仮にその価値が回復しても、評価損を修正することはできない仕組みとなっている。

ビットコインの価格は昨年4Qで史上最高値69,000ドルから一時的に42,333ドルに下落。一方、マイクロストラテジーは同期においては計10,348BTCを買い増ししていた。ビットコインの大幅下落に影響を受けたものだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します