LINE Pay加盟店、期間限定で独自トークン「LINK」払いサービス提供へ

LINK支払いの提供開始へ

国内最大手SNSアプリケーション「LINE」を提供するLINE株式会社は3日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」上で独自の仮想通貨「LINK」を取り扱うことを発表した。今回は試験的な提供で、期間限定(2022年3月16日~2022年12月26日)の間となる。

LINKは、独自開発されたプライベートブロックチェーンの「LINE Blockchian」で発行される独自トークンで、LINE Token Economy構想において、ユーザーへのインセンティブとして機能することを目的されている。LINE BITMAXやLINE Score、NFTマーケットβなどのdAppsで利用可能となっている。

関連:LINE Blockchainとは|独自トークンLINK(LN)の付与やユースケースについて解説

今回のサービスは「LINK」を活用したキャッシュレス化促進の一環で、ユーザーは取引所であるLINE BITMAXに保有する「LINK」を支払い時に使用することができる。

また、今回のサービス提供に伴い、「LINK支払い」に対して10%(還元上限5,000円相当/月)の「LINKリワード」還元特典を開始する模様。

さらに、LINE Payでは今後、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)といった主要な仮想通貨の導入を検討しているという。

同社は、LINE Pay以外にも、NFTやゲーム、メタバースなどの領域にも参入するなど、国内外で展開されるブロックチェーン関連事業との連携強化を進めており、ブロックチェーンの活用に意欲的な姿勢を見せている。

関連:人気メタバースアプリ「ZEPETO」がNFT販売 LINEチェーン採用

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します