米コインベース、銘柄の新規上場を発表

Pawtocol(UPI)の新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは8日、ERC20トークンの新規取扱を発表した。

新たに取り扱う対象は、Pawtocol(UPI)で、通貨ペアは、UPI-USD、UPI-USDT、UPI-EURとして提供される。

Pawtocolはペット愛好家・飼い主のグローバルコミュニテで、ブロックチェーンやAI、IoT技術を利用しペットたちの生活を改善することを目的としている。UPIの時価総額は現在35億円強で、UniswapやPancakeSwapで取引されている。

コインベースは先週にも銘柄の新規上場を実施し、Aventus(AVT)、Render Token(RNDR)、Quantstamp(QSP)の3つのERC20トークンを取り扱うことにした。

関連米コインベース、3銘柄の新規上場を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します