米テスラ、ビットコイン初購入から一年 保有状況・損益は?

ビットコインの保有状況や損益を報告

米テスラ社は7日、米証券取引委員会(SEC)に21年についての年次報告書を提出。その中で、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの保有状況や損益についても明らかにした。

また、仮想通貨について「投資・資産として長期的な可能性を持っている」との考えも示しており、仮想通貨を会社の資産として保有することへの自信を窺わせる。

テスラ社が21年2月、総額15億ドル(約1,700億円)のビットコインを、会社の資産として初めて購入してから一年が経つ。現在のところ、この戦略は成功しているようだ。

報告書によると、テスラ社は21年12月31日の時点までに、購入したビットコインの一部を売却して1億2,800万ドル(約147億円)の利益を上げており、その一方で1億100万ドル(約116億円)の損失を計上していた。差し引きでは、ビットコインにより2,700万ドル(約31億円)の純益を得たようにみえる。一部売却したのは2021の1Q(1月〜3月)だった。

関連テスラ社Q2決算発表、4月以降のビットコイン売却は確認されず

ただ、米国の会計規則の複雑さも考慮する必要がある。

米国の一般的な会計原則(GAAP)の下では、仮想通貨を無形資産とみなし、ビットコイン価格が下落した場合、貸借対照表上のビットコインの価値を減損として計上する必要がある。

さらに、後になってから資産価値が回復しても、評価損を修正することは不可とされている。ビットコイン価格が急上昇しても、企業は、ビットコインを売却しない限り、その値上がり分を利益として計上することはできない。

GAAPとは

英語で「Generally Accepted Accounting Principles(一般に公正妥当と認められた会計原則)」の略。この原則は国ごとに異なり、米国会計基準はUS-GAAPと呼ばれている。米国企業の多くはGAAPに基づくものと、基づかないもの(Non-GAAP)の2種類を用いて決算発表を行っている。

▶️仮想通貨用語集

このためGAAPでは、企業の保有している仮想通貨の価値について曖昧になる傾向がある。

しかし今回の場合、テスラ社は保有するビットコインの価値について明確に申し立てており、投資家も把握できる。報告書によると「2021年12月31日現在の当社ビットコイン保有額の公正価値は19億9,000万ドル(約2,300億円)だった」という。

ビットコイン初購入時から、21年末までの間に、テスラ社のビットコイン含み益は約5,000億ドル(約58億円)増加したことが分かる。

仮想通貨についての見解

テスラ社は年次報告書で、仮想通貨について次のように述べた。

当社は投資として、また現金に代わる流動性の高い資産としての、デジタル資産の長期的な可能性を信じている。

他の投資と同様に、また、法定通貨ベースの現金および現金同等物と同様に、当社は、事業の必要性および市場や環境の状況に応じて、いつでもデジタル資産の保有を増減させることができる。

今後も、仮想通貨の購入や売却を行っていく可能性を示した格好で、動向が注目される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します