テスラ社Q2決算発表、4月以降のビットコイン売却は確認されず

テスラ社のQ2決算

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが、ビットコインをQ2(4-6月)で売却していないことが、決算資料でも明らかになった。

テスラ社は2月8日に15億ドルをビットコインに投じており、Q1にその10%を既に売却していたが、今回の決算資料では、新たなデジタル資産の購入や売却は報告されなかった。

テスラが保有するビットコインの評価額は、約13億ドル(1434.7億円)余りで、2300万ドルの減損を計上した。

米国では、仮想通貨を含むデジタル資産が、「耐用年数を確定できない無形資産」と捉えられることから、実質的な取得原価を一時的にでも下回った場合に、評価損の減損処理が強いられる可能性があり、ビットコイン価格が6月末にかけて下落したことも影響したものと見られる。

テスラ保有分に影響されたBTC市場

テスラ社の保有分の行方がマーケットを左右する要因となっていただけに、四半期決算情報で保有分が明らかになったことは重要なニュースといえる。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の発言としては今年5月、「テスラ車の購入でビットコインを使った支払いの受け付けを停止した」とのツイートのほか、その後も「同通貨の売却を検討している可能性や、すでに売却した可能性を示唆する」内容が投稿された。

一方、これ等の情報でBTC市場が大きく下落したことに非難の声が集まったことを受け、「テスラはビットコインを売却していない」と5月17日に投稿。同19日には、「テスラは『ダイヤモンド・ハンズ』を持っている」と保有分を売却しない旨のメッセージを発信。

7月下旬に実現したジャック・ドーシー氏との対談(イベント:The ₿ Word)では、「ビットコイン価格を上げてから売却することは考えていない。ビットコインには成功して欲しい」とコメントするなど、仮想通貨のポテンシャルの高さを改めて評価した。

マイニングなどにおける環境面の懸念や、直近では取引量の少なさや取引コストの高さをリスクに挙げつつも、マスク氏自身でも「ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)」といった仮想通貨を保有しているとしたほか、SpaceX社でのビットコイン保有についても明らかにしている。

関連:イーロン・マスク、自身のイーサリアム保有とSpaceXのビットコイン保有明かす

ビットコインを保有する企業では、マイクロストラテジー社が今週29日(日本時間30日)、ジャック・ドーシー氏が率いるスクエアも来月決算を公表する予定だ。

関連:イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します