CoinPostで今最も読まれています

イーロン・マスク氏、自身のイーサリアム保有とSpaceXのビットコイン保有明かす The ₿ Word

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マスク氏とドーシー氏の登壇

暗号資産(仮想通貨)ロビー団体の仮想通貨イノベーション評議会(Crypto Council for Innovation:CGI)は米時間21日、ビットコイン(BTC)に関する正しい情報発信を目的としたイベント「The ₿ Word」を開催。米テスラ社のイーロン・マスクCEO、スクエア社のジャック・ドーシーCEOなどがビットコインについて意見を交わした。

「経済的エンパワーメントのためのツールとしてのビットコイン」と題されたコーナーでは、マスク氏とドーシー氏、並びに米大手投資企業ARK Invest社のキャシー・ウッド氏も登壇。ビットコインの現状や課題、そして根本的な魅力について語った。

出典:The B Word

マスク氏はキャリアの始めに送金大手ペイパル(PayPal)時代から「お金(の在り方)についてずっと考えていた」と言及。既存の金融システムでは送金速度や送金コストなどの課題が色濃く残る中、ビットコインは新たなお金の候補であると述べた。

マイニングなどにおける環境面の懸念は残り、直近では取引量の少なさや取引コストも高いものの、ポテンシャルは高く「クリプトを支持している」と発言。テスラ社とSpaceX社、並びにマスク氏自身もビットコインを保有していることを明かした。

上場企業であるテスラ社のBTC保有は周知の事実だったが、SpaceX社のビットコイン保有が明かされたのは今回が初となる。SpaceXもクリプト領域への参入を検討していることを示唆したものの、具体的な詳細は明らかにしなかった。

ただ、ライトニング・ネットワークなど、ビットコインのセカンド・レイヤーについて語っている際には、SpaceX社も「この面において役割を果たす」と将来的な関与を示唆した。

また、マスク氏自身は他にもイーサリアム(ETH)とドージコイン(DOGE)を保有していることを明かし、以下のように語った。

パンプはするかもしれないが、ダンプ(売却)するつもりはない。テスラ社とSpaceX株以外では、ビットコイン、イーサリアムとドージコインを保有している。

ビットコイン価格を上げてから売却することは考えていない。ビットコインには成功して欲しい。

さらに、マスク氏自身が保有する仮想通貨銘柄の内では、ビットコインの保有量が最も大きいと説明した。

再生可能エネルギー利用について

また、三者はビットコイン採掘における環境への負荷が少ない再生可能エネルギーの利用についても言及。マスク氏は改めて、ビットコイン・ネットワークにおけるクリーンエネルギーの利用率が50%を超えたらテスラ社のBTC決済受け入れを再開するとした。

業界団体のビットコインマイニング評議会(BMC)が7月公開したレポートでは、BTCネットワークの56%がクリーンエネルギーを採用している統計が出ていた。

出典:Bitcoin Mining Council

マスク氏はBTC相場の下落に伴い、ハッシュレートが下がった影響もあると慎重な姿勢を見せつつも、ビットコイン採掘が再生可能エネルギーにシフトしている傾向が始まっている様子を評価。

関連:ビットコインネットワークの56%が再生エネルギー利用=BTC採掘評議会

今後もデューディリジェンスを続けて行い、このような動きが続けばテスラ社のBTC決済受け入れの再開も視野に入るとした。

テスラ社は5月13日、マイニングにおける石炭の利用が増えている傾向を懸念した上でテスラ車購入時のビットコイン決済中止を表明していた。

関連:テスラ社のビットコイン決済中止、BTC価格は急落

一方、ウッド氏はビットコインはすでに既存の金融業界より環境に優しいと言及。長期的には再生可能エネルギーの利用をインセンティブ化するとポテンシャルを高く評価した。

ビットコインの将来性

ビットコインに対する今後の期待については、マスク氏はビットコインをはじめとする仮想通貨の繁栄は将来をより良くするべきだと言及。ドーシー氏はビットコインの分散化を推し進めていきたいと述べた。

登壇の最後では、マスク氏が仮想通貨をツイッターアプリで利用可能かと質問。ドーシー氏は「どの支払い手段でも取り扱い可能にすべきだが、広告に頼らない収益モデルを内蔵させたい」との意気込みを見せていた。

また、ウッド氏はESG観点からビットコインの成功が世界に貢献していると将来性を評価。BTCコア開発者のコミュニティも支持していくべきだと述べている。

「The ₿ Word」とは

公式サイトによれば、日本時間22日未明に開催されたカンファレンスに加え、The ₿ Wordはビットコインに纏わる迷信の打破を目的としたイニシアチブ。一般的に認知されている仮想通貨に関する偏見をなくしていくことで、企業のビットコイン受け入れ、そしてBTCネットワークの課題に関する分野へのサポートと認知度の向上を目指している。

参画企業には業界ロビー団体の仮想通貨イノベーション評議会(Crypto Council for Innovation:CGI)やSquare、仮想通貨関連の投資も行っているARK InvestやParadigmなどが名を連ねる。なお、CGIにはスクエア社のほか、金融大手フィデリティやコインベースも含む。

マスク氏らの生配信コンテンツの中継前には、録画済みの情報コンテンツも共有。以下の題目に関する誤った情報や先入観について、専門家が正しく解説している。

  • ビットコインのエネルギー消費量
  • ビットコインの犯罪利用
  • スケーラビリティ問題
  • BTC保有量の集中
  • ビットコインの紛失リスク
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧