Web3.0の分散型SNSアプリBoom、モバイル版の配信開始

モバイル版ダウンロード開始

分散型SocialFiプラットフォームBoom(ブーム)は12日、モバイルアプリの実装を発表。また、今後のNFT(非代替性トークン)配布キャンペーンの詳細も明らかにした。

iOSのApp StoreやGoogle Play、そしてAndroid版でのアプリ・ダウンロードを開始。Boom公式側は「モバイルアプリのローンチは今後さらなるユーザーの誘致に至る」と説明。Web3.0のソーシャルメディアのユーザー増加が見込めると期待感を示した。

SocialFiとは

「ソーシャル」ネットワークとブロックチェーン技術を活用した「ファイナンス」を組み合わせた造語。コンテンツ作成に対する収益やDAOへの参加、NFTの発行や他ユーザーとのコミュニケーションを可能にする。

▶️仮想通貨用語集

NFT配布キャンペーン(共催:ZKSpace)

また、Boom側はL2プラットフォーム「ZKSpace」と連携して限定NFTをZKSpaceの一周年イベントで配布することを決定。イーサリアム(ETH)ネットワーク上で限定NFTを発行し、抽選でプレゼントする。

同イベントは2月14日から25日まで開催し、以下の手順で参加できる。

  • 公式ツイッター(@boomapporg)をフォロー
  • キャンペーンツイートをRT
  • Boomの公式テレグラムグループに参加
  • Boomアプリとアカウント作成
  • Twitterアカウントとテレグラム上のユーザー名をGoogleフォームに記載

ZKSpaceはL2 Labsの開発したDeFi(分散型金融)プラットフォーム。21年12月にリブランディングを発表したばかりだった。

関連:L2 Labs、ZKSwap v3.0やNFT機能を搭載したL2プラットフォーム「ZKSpace」をリリース

公式NFT

さらに、Boomの公式NFTも22年4月にリリースを予定している。

世界観の設定は2022年後半に太陽系で起きた爆発がきっかけで新たな惑星Boomが誕生。惑星上のNFTはWhale、Influencer、Consumer、Creator、Artistの5種類に分かれている。

エアドロップに参加すると、ガバナンス権利やブランディング機会、商品トライアルや限定ボーナスなどが受け取ることができる。

Boomとは

Boom(ブーム)は分散型のWeb3.0ソーシャルプラットフォーム。ブロックチェーン技術に対応することで、SNSプラットフォーム内で自身の保有する仮想通貨銘柄やNFTポートフォリオを証明できる。

これにより、大口投資家の意見をフォローしたり、データで自身の信憑性を証明して情報発信を開始することも可能だ。

Boomアプリでは、仮想通貨市場に関するニュースや様々なユーザーの意見を確認することが可能。また、大口投資家や専門家(KOL)の分析もフォローできる。

特に、最近追加された新機能では、プロフィールで自身の保有するNFTポートフォリオやトークン銘柄を表示可能になった(任意)。これにより、意見や記事を投稿したユーザーの信頼性を確認できる仕組みだ。

ツイッターやインスタグラムなど従来の「Web2.0」型のSNSプラットフォームでは、スクリーンショットなどを利用して実際にNFTを保有していなくてもNFT画像をプロフィール画像に設定できていたが、仮想通貨・NFTウォレットを接続することでNFTを実際に保有していることを裏付けることができる。

また、今回リリースしたモバイルアプリの他にも、PC版のリリースを22年3月に予定。さらなるユーザーの参加を目指す。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します