ビットコインチャート分析:売られ過ぎの目安RSI30%を下回り、節目となるか

「売られすぎ」の目安下回る
BitfinexのRSIチャートを分析すると同指数は2016年8月と同水準となる26.4%まで下落しています。RSIの売られ過ぎを示す基準が30%であるため、RSIだけで見れば安値近辺に近づきつつあると考えられ、反発する可能性も考えられます。
RSIとは
投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。このRSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎと言われている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

「売られ過ぎ」を示すRSI30%を下回る

ビットコイン(BTC)価格は下落を続け、2月5日以来(参考:BTC/USD,BITFINEX)となる水準にまで下落しました。

BitfinexのRSIチャートを分析すると同指数は2016年8月と同水準となる26.4%まで下落しております。

RSIの売られ過ぎを示す基準が30%であるため、RSIだけで見れば安値近辺に近づきつつあると考えられ、反発する可能性も考えられます。

出典:tradingview

上記チャートを見ると、BTC/USDは過去にも売られ過ぎの基準であるRSI30%をを下回っておりますが、その後価格は上昇をみせております。

2018年2月6日にRSIが30%以下をつけた後、価格が反転しわずか2週間で6,000ドルから11,788ドルまで急上昇し、結果的に96%の上昇率を見せました。

更に過去に遡ると、ビットコインは2016年8月14日にBitfinexでRSIは約26%をつけ、価格は約563ドルまで下落しましたがその後、反転し、現在の価格ベースで見ても980%の上昇率となっております。

出典:tradingview

ただ、一点気をつけたいのは2015/8/18にビットコイン歴史上、過去最低値となるRSI16.1%という記録もあり、本当にここから上昇するのか、ここが底値なのか慎重に市場を見ていく必要があります。

Sell-Off Over? Bitcoin’s RSI Just Hit Its Lowest Level Since 2016

Jun 13, 2018

参考記事はこちらから

CoinPost関連記事:

ビットコイン チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
ビットコイン(Bitcoin/BTC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、ビットコインとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用