米ワイオミング州、州独自のステーブルコインを発行する法案提出

州のステーブルコイン発行を可能にする法案

米国ワイオミング州の議員らは17日、州独自のステーブルコインを発行可能にする法案を提出した。

この「ワイオミング州ステーブルトークン法」は、州政府が、米ドルの価値と連動する独自の暗号資産(仮想通貨)を立ち上げることができるようにするものだ。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

法案は、現在「鉱物・ビジネス・経済開発委員会」に送付されているところだ。

この先、可決されるかの見通しは不明だが、もし成立した場合、ワイオミング州の財務長官は、22年12月31日までにステーブルコインを発行するか、あるいは発行が不可能と判断した場合は、11月1日までにその理由を説明する報告書を提出することになる。

法案の詳細

法案は、ワイオミング州にステーブルコイン専用の勘定を設けることを規定している。ステーブルコイン発行により得たすべての資金を、この口座で管理するとした形だ。

口座には、州が発行したステーブルコインの想定元本について100%以上が保管されていなければならないとする。

ステーブルコイン保有者が資金償還を要求した時などのため、口座内の資金は利用可能でなければならないという。また、口座内の資金を投資する場合は、米国財務省証券のみが対象だとしている。

法案は投資家保護の面についても規定。これによると、ワイオミング州発行のステーブルコイン購入に関するすべての契約書などには、州はこのトークンを保険でカバーしてはいないこと、ワイオミング州のステーブルコイン口座の価値を超えた額については元本保証されないことを明記しなければならない。

仮想通貨銀行Avanti CEOの見解

この法案について、ワイオミング州を本拠とする仮想通貨銀行(デジタルアセット・バンク)Avantiの、Caitlin Long CEOは「間違いなく議論のきっかけとなる」として、次のようにツイートした。

州発行のステーブルコインは、償還可能な地方債券に似ている。ただし、利子も満期もない。そしてデジタルトークンという形式を取るため、法・構造・決済の面でも、債券とは大きな違いを持つものになるだろう。

Long氏は、「複雑なコンセプトであり、色々と聞きたいこともある」「長所と短所がありそうだ」としつつ、「ワイオミング州が、仮想通貨に関して新たなアイデアを探求し続けているのは素晴らしい」と前向きにとらえている。

ワイオミング州は、米国の中でも仮想通貨に先進的な自治体だ。

21年4月には自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法を成立させている。その他にも、仮想通貨の入出金を行える特別な銀行を認可しており、20年9月には仮想通貨取引所クラーケンが、21年6月には仮想通貨カストディ企業Wyoming Deposit&Transferが、ワイオミング州でこうした金融機関を設立する許可を受けた。

関連米ワイオミング州知事も仮想通貨保有を明かす|イノベーション政策の重要性を語る

自律分散型組織(DAO)とは

自律的に機能する分散型組織を指す。「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します