BitMEXの元CEOらが有罪認める、11億円の罰金支払いへ

罰金11億円支払い

米司法省は24日、暗号資産(仮想通貨)取引所Bitmexの共同設立者らが銀行秘密法(BSA)違反を巡る訴訟で有罪を認めたことを発表した。

有罪を認めたのはBitMEXの元CEOであるArthur Hayes氏と共同設立者のBenjamin Delo氏。それぞれ罰金として1,000万ドル(約11億円)を支払うこととなる。

司法省は、同氏らが2015年9月から訴訟が発令された20年9月まで、BitMEXで意図的にAML(資金洗浄対策)プログラムを導入しなかったと説明。顧客のKYC(本人確認)などを義務化しなかったため、銀行秘密法を違反し、「事実上マネーロンダリングのプラットフォーム」となっていたと批判した。

銀行秘密法(BSA)とは

1970年に施行した米国法。金融機関に資金洗浄を探知・防止する枠組みを策定し、違法行為を探知した場合には米政府に報告することを義務付ける。

違反した場合には、最長で禁錮5年の刑が下される可能性がある。

▶️仮想通貨用語集

捜査にはFBI(連邦捜査局)のニューヨーク支局の資金洗浄捜査班やCFTC(商品先物取引委員会)も協力。ニューヨーク州のDamian Williams連邦検事は特に、CFTCの専門知識が捜査の発展でカギとなったと称賛した。

今回の有罪判決について、Williams氏は以下のようにコメントした。

仮想通貨や最新技術が取引の活発化を支援する中、仮想通貨経済に参入している企業は米国市場が公平で安全であることを保証する重要な門番となった。

米国市場で展開する機会と利点は多くある反面、企業側には犯罪と腐敗を追い出す責任が発生する。被告人らはこのような義務を意図的に無視する企業を設立した。

彼らはBitMEXプラットフォームが金融市場の陰で運営することを許していた。

BitMEX訴訟の総括

米CFTCと司法省は20年10月、同取引所の共同設立者であるHayes元CEOや共同設立者らのSam Reed氏を拘束。マネーロンダリング対策(AML)や本人確認(KYC)などに関する規則を破り、未登録のプラットフォームを運営していたとしていた。

関連:BitMEXの「米国法逃れ」で逮捕事例

同週にはHayes氏がCEOを辞任。2ヶ月後にはドイツの大手証券取引所でCEOを務めたAlexander Höptner氏の下、新体制を表明した。

その後、BitMEX側は21年8月にCFTCと和解。規制当局に1億ドル(約110億円)の罰金を払う形で、BitMEX法人との訴訟は終着点を迎えている。

これにより、米国ユーザーのBitMEXは禁止され、BitMEX側のKYC業務などのコンプラ体制強化に繋がった。

関連: BitMEXに100億円超の罰金、米CFTCらと和解

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します