日本円ステーブルコインのY-TORA(エントラ)、アマゾンECサイトで利用可能へ

アマゾンショッピングに対応

日本円ステーブルコインの「Y-TORA(エントラ)」を発行する公益研究基盤機構 一般社団法人(PPRP)は4日、3月中旬から、代理購入という形式で、アマゾンECサイトでの買い物に対応する予定を発表した。

Y-TORAは、イーサリアム(ETH)上で発行されるERC-20規格のトークン。1Y-TORA=1円で取引される日本円連動型ステーブルコインで、暗号資産(仮想通貨)ではなく、自家型前払式支払手段として扱われる。

関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

Y-TORAを用いたアマゾンショッピングは、代理購入という形式で可能。Y-TORA公式サイトから購入したい商品の申請をし、申請した商品の金額をY-TORAの指定アドレスに送金すると、後日、指定した住所宛に商品が届くという流れとなっている。

今回購入にあたって使用されるY-TORAの特徴は、以下のようになっている。

  • 誰でも購入可能
  • ポリゴン(MATIC)チェーン対応(今後複数チェーン対応予定)
  • 日本円またはJPYC(後述)で購入可能
  • 購入単位は5,000円から選択可能
  • 記事購入や、物や金券の購入に1Y-TORA=1円で利用可能

同業者の動き

Y-TORAと同じく、日本円連動型ステーブルコインとして「JPYC(JPY Coin)」が挙げられる。

こちらも同様に、1JPYC=1円で取引されるトークンで、暗号資産ではなく、前払式支払手段扱いとなっている。

21年12月には、大手百貨店として知られる「松屋銀座」にて、代理購入という形式で、利用が可能となった。

関連:日本円連動ステーブルコインJPYC、百貨店「松屋銀座」で利用可能に

また、同コインは海外からの注目も浴びており、21年11月には、米ドルステーブルコイン「USDC」を発行するCircle社のファンド「Circle Ventures」などから、シリーズAで約5億円を調達。22年1月には、米大手IT企業のマイクロソフトが主導する「Microsoft for Startups」に採択された。

関連:JPYC、MSのスタートアップ支援プログラムに採択

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します