米VanEck、仮想通貨・ゴールド関連のETFを申請

クリプトとゴールド採掘のETF

米資産管理企業VanEck社は先日、SEC(証券取引委員会)に暗号資産(仮想通貨)およびゴールド(金)関連のETFを申請したことが明らかになった。

今回のETF(上場投資信託)は仮想通貨とゴールドのマイニング企業のパフォーマンスを追うもの。仮想通貨の現物投資やデリバティブ取引は行わないが、具体的なアロケーションについてはまだ開示されていない。

関連ゴールド専門家が語る「金・ビットコイン投資」

同社は昨年12月に仮想通貨)マイニング関連のETFを申請。ポートフォリオの8割が仮想通貨のマイニングを行う、あるいはマイニング関連の事業を進めている企業の株式に充てられ、残りの2割は外貨や預託証券などで運用されるものだ。

SECは昨年11月にVanEckの現物ビットコインETFを非承認し、他社の申請も全て非承認してきた。一方、複数のビットコイン先物ETFに関しては認めている。

関連VanEckのビットコイン先物ETFが取引開始、米3例目

関連仮想通貨の個人マイニングは今からでも儲かるのか|収益計算方法も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します