CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の個人マイニングは今からでも儲かるのか|収益計算方法も解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

 

暗号資産(仮想通貨)市場の高騰ともに、ビットコインなどのマイニング(採掘)にも注目が集まり、個人単位での参入も増えています。

 

今回は、日本でも個人マイニングで稼ぐことができるのかに焦点を当て、リスクも解説しています。

マイニングは儲かるのか

結論から述べると、日本だと個人単位でのビットコインのマイニングはまず儲かりません。

ビットコインのマイニングを始めるには、「ASIC」と呼ばれるマイニング専用の機器を何十台も準備する必要があります。これらを手に入れるのに数百万、 数千万円単位での費用が掛かります。加えて、それらの機器を運用するための設備費用、メンテナンスする人材を雇用するための人件費等がかかるため、一定の資金力がない限り、稼ぐことは困難だと言えるでしょう。

また、日本は中国など他国と比べて電気代が高いことから、マイニングでの実質収益はその分低下します。最も効率的にビットコインをマイニングするのであれば、電気代の安い国で行うことが必要です。

関連:初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

それでもマイナーがいる理由

マイニングは儲からないというのは、SNSでも多く散見されています。それでもマイニングを個人単位で行っているマイナー(マイニングを行う人)が一定数いるのはなぜでしょうか。

最も大きな理由は、マイニングする通貨によって準備すべき設備費用や報酬の支払額が異なり、ビットコイン以外では、まだマイニングで黒字化可能な仮想通貨も存在するということです。

その代表格が、ビットコインに次ぐ時価総額を持つイーサリアム(ETH)であり、2021年8月現在、大半の国内マイナーはこのコインを採掘しています。他に収益性に優れるコインとしては、Ravencoin(RVN)、Ergo(ERG)、V-Dimension(Vollar)、Firo(FIRO)等が挙げられ、注目を集めています。

イーサリアムのマイニングなら儲かる?

 

では、実際にイーサリアムのマイニングをしている人は、どの程度の収益が出ているのでしょうか。

これらは、マイニングに使用する機器、イーサリアムの市場価格、Difficulty、マイニング方法等により異なります。

例えば、Minerstatのグラフィックボード別の推定収益によると、最新モデルであるNvidia社のRTX3090という型番のグラフィックボードでは、7.82ドル/1日の報酬を獲得できるとされています。

この報酬を得るためには、335Wで1日マイニングし続けるという前提条件があります。電気代は、マイニングを行う地域により変動しますが、東京では基本電気単価が26円/1kWhですので、0.335(kW)×24(h)×26(円/1kWh)=209.04円/1日が必要な電気代です。

現在のイーサリアムの価格が一定で、ハッシュレートも一定の条件下という仮定の元でシミュレーションした場合、1日あたり約600円、年間219,000円の黒字を見込むことができます。

ただし、実際にはグラフィックボード単体では、マイニングを行うことができません。PCを購入するか、マイニングリグの作成が必要になるため、仕入れ価格から逆算し考える必要があります。

関連:仮想通貨の個人マイニングを始めるためにかかる費用は|コストを抑えるポイントも解説

これからマイニングを始めるリスクと注目すべきポイント

 

では、今後イーサリアムをマイニングすれば儲かるのかというと、必ずしもそうとは断言できません。そのリスクについてお伝えします。

イーサリアムのPoS化

2021年8月5日にイーサリアムの大型アップグレードが実施されました。このアップグレードの中で、マイナーが今後の動向を注視しなくてはいけないのは、EIP-1559とEIP-3554という2つの改善提案が実装されたことです。

従来では、上図の通りマイナーはFee(手数料)がマイニング報酬とされてきました。しかし、EIP-1559と呼ばれるイーサリアムの取引方法の改善アップデートでは、FeeがBaseFeeとTipsに分けられ、プロトコルで設定されるBaseFeeはBurn(焼却)されることになりました。

すなわち、BaseFee分がマイニングの報酬から減少すると言えます。BaseFeeがどれほどの比率を占めるか具体的な数値は明らかになっていないため、マイナーは今後注視しなくてはいけません。

また、EIP-3554も注目しなくてはならないポイントです。EIP-3554は、イーサリアムのDifficultyBomb(ディフィカルティボム)を2021年12月へ延期するという改善提案です。

この改善提案は、Difficulty(採掘難易度)を徐々に上昇調整し、最終的にPoWからPoSへと移行していくためのもので、PoS移行がが完了した際には、イーサリアムをマイニングすることができなくなることを指しています。

ただし、21年9月時点では延期が決まっただけの段階であり、実施日が決まっているわけではありません。これからマイニングを始めることを検討されている方はこの改善提案の動きに注目しておきましょう。

本記事のまとめ

 

今回は、「仮想通貨のマイニングは個人レベルでも稼げるのか?」というテーマで解説しました。

使用する機材やマイニングする地域などの条件により異なりますが、日本国内でも、イーサリアムのマイニングであれば基本的に黒字運用することが可能です。

ただし、今後のリスクとして、イーサリアムのマイニングができなくなる可能性があります。これからマイニングを検討している方は、入念な情報収集が欠かせないと言えるでしょう。

関連:マイニングにおけるDifficulty(採掘難易度)とは|ハッシュレートとの相関性について解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧