CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の個人マイニングを始めるためにかかる費用は|コストを抑えるポイントも解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の市場規模拡大とともに、マイニング(採掘)が世界中で注目される中、日本でも興味を持つ人が増加しています。

しかし、個人でマイニングを始めるのにどの程度の費用がかかるのかまで把握しているという方は、そう多くはないのではないでしょうか。そこで、今回はマイニングにかかる費用と、費用削減方法について解説していきます。

マイニングにかかる費用は?

主にマイニングでは、マイニングができる設備購入費用と、その設備を動かす電気代の2つの費用がかかります。

1.設備費用

マイニングの設備費用は、どの程度のスケールで行うかにより異なります。

マイニングするにあたり、必須かつ高単価なパーツであるグラフィックボード(GPU)。例えば、これを1枚使用してマイニングするのであれば、10万円~を目安にマイニングを始められます。

ただし、搭載しているグラフィックボードごとのハッシュレートに性能差があるため、電力効率が高いGPUをカスタマイズすると、その分初期投資の金額が上がります。

一方、グラフィックボードを何個も使用する場合は、使用するグラフィックボードの数に準じて、必要な設備費用は上がります。加えて、マイニング中はグラフィックボードから熱を発するため、何台も使用してマイニングするのであれば、冷却のためのサーキュレーターやサーマルパッドが必要です。

さらに大がかりにマイニングをするのであれば、電気を供給するために配線工事費や、排熱管などの設置が必要となります。

2.電気代

マイニング中は、必ず電気代がかかります。これらも使用するGPU、マイニングする地域、管理体制によって異なるため、いくらかかるか計算してみる必要があります。計算方法は、『GPUの消費電力×マイニングする時間×電気料金』で求められます。

例えば、東京でRTX2080Tiというモデルのグラフィックボードを1台使用して24時間マイニングした場合:0.15(kW)×24(h)×26(円/kWh)=93.6円/日 すなわち、1日当たり約100円の電気代がかかります。

マイニング費用の抑え方

前述した通り、マイニングは大きく分けて設備費用と、電気代がかかります。それぞれ項目を分けて考えることでマイニング費用の削減を期待できます。

マイニング設備費用の抑え方

まず、マイニング設備費用の削減方法です。

規模を問わずに言えることは、ワットパフォーマンスの高いグラフィックボードを安く仕入れることです。マイニングにおいて、取引処理を行うコアなパーツかつ高価であるGPUは、費用を抑えるという観点で重要なポイントでしょう。

電力効率の良いグラフィックボードは、Minerstatが提供するmining profitability calculatorを使用すると各アルゴリズムごとに消費電力に応じたハッシュレートを確認できます。

そこから使用するグラフィックボードを選択し、実店舗やECサイトを確認してみると設備費用を抑えられます。ただし、良質なグラフィックボードを選ぶ場合はそれに比例して初期費用も高くなるため、自分の予算と相談して選択しましょう。

電気代の抑え方

電気代は、マイニングをすると固定でかかります。これを削減するのであれば、基礎電気料金が安いプランの会社と契約変更しましょう。

まず、基礎電気料金とは、電力会社ごとに設定している電力の基礎単価のこと。これは、一般的に使用する電力が高いほど、単価が安く設定されているケースが多いです。他にも月々定額の電力会社等もあるため、どの程度のスケールで行うかによって変わるため、気になる電力会社に見積もりを取ってもらうのも良いかもしれません。

また、地域別ごとに電気代が異なります。2017年の電気の基礎単価表によると、北陸地方が一番安く抑えられます。日本では、電気の平均単価は、22.4円/kWhですが、海外だとこの単価が異なります。

アメリカ、カナダなどの北米国では、10~15円/kWh、インドや中国などは、5円/kWh等で電力が販売されています。本格的にやるのであれば海外も視野に入れるのも一つの手段です。ただし、国によってマイニングの規制、停電などのリスクもあることを視野に入れましょう。

最後に

今回はマイニングにかかる費用に何がかかるか、また費用を削減するための方法について解説しました。重要なことは、マイニングをどれくらいのスケールで行うかを始めに決めることです。

いきなり大きなスケールで始めようとすると、思わぬところで壁にあたってしまうのがマイニングです。初めて行う方は、まず自宅等で小規模マイニングを試してみてからスケールを検討してみるといいかもしれません。

関連:マイニングにおけるDifficulty(採掘難易度)とは|ハッシュレートとの相関性について解説

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア