bitbank、ボバネットワーク(BOBA)の取扱い開始 国内初

BOBAトークン、国内初上場

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクは9日、仮想通貨ボバネットワーク(BOBA)の取扱い開始を発表。また、エアドロップの付与予定日も明らかにした。

BOBAトークンの現物取引は3月14日より開始。取引ペアは以下の通り。

また、エアドロップについても、併せて14日に実施することを発表。21年11月12日に取得したOMGネットワーク(OMG)の保有者に対して実施したスナップショットに基づき、1:1の比率配布量が決定する。

関連:充実した板取引、仮想通貨取引所bitbankの特徴とおすすめポイントを紹介

BOBAとは

ボバネットワーク(BOBA)はスケーラビリティ問題の解決を目指すL2プロジェクト。BOBAトークンはBOBA DAOのガバナンストークンとなっており、ステーキングなどの利用方法がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します