仮想通貨ウォレットMetaMask、月間アクティブユーザー数が3000万超に トークンローンチ計画も

仮想通貨ウォレットの需要が増加

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のソフトウェア企業ConsenSysは15日、傘下にあるウォレット「MetaMask(メタマスク)」の月間アクティブユーザー数が、1月に3,000万を超えたと発表した。

過去4カ月で42%増えており、NFT(非代替性トークン)やDAO(自律分散型組織)、DeFi(分散型金融)といった領域で需要が増加。今後はトークンをローンチし、メタマスクに関するDAOの設立を計画しているという。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

メタマスクはイーサリアム関連の仮想通貨やNFTを保有・管理できるウォレット。地域別では米国、フィリピン、ブラジル、ドイツ、ナイジェリアで特に利用が多いとした。

関連「MetaMask(メタマスク)」とは|月間2000万人超が利用の仮想通貨ウォレット

イーサリアムの共同創設者で、ConsenSysの最高経営責任者(CEO)であるJoe Lubin氏は、仮想通貨メディア『Decrypt』に対し、以下のように説明しているという。

 

メタマスクは、セキュリティを重要視したり、インターフェースを改善しながら、分散化を目指している。

 

現在メタマスクに関連するDAOの設立に取り組んでおり、メタマスクの運営を任せるわけではないが、新しい部分の開発に資金を提供できるようにしたい。

Lubin氏はこれ以上DAOに関する詳細は述べなかったようだが、トークンをローンチする計画があることは認めたという。

DAOとは

「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在せず、参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる組織を指す。

▶️仮想通貨用語集

資金調達も発表

ConsenSysは15日、シリーズDのラウンドで4.5億ドル(約530億円)の資金を調達したことも発表。これで企業価値は70億ドル(約8,280億円)超になった。昨年11月に発表したシリーズCの資金調達では、企業価値が32億ドル(約3,780億円)だったため、2倍超に増加したことになる。

関連イーサリアムブロックチェーン開発企業ConsenSys、2億ドルの資金調達ラウンドを完了

今回の資金調達はParaFi Capitalが主導。他にはソフトバンクグループの「SoftBank Vision Fund 2」やマイクロソフトらが新たな投資家として加わった。

関連ソフトバンクGによる仮想通貨・ブロックチェーン関連企業への出資事例まとめ

デジタル資産や法定通貨で調達した資金はETHに変換し、2022年に予定するメタマスクの再設計、プラグイン拡張システムの開発、人材雇用、イーサリアムのエコシステムへの再投資等に利用。また、イーサリアムの開発プラットフォーム「Infura」のツールやNFTの普及も加速していきたいとした。

「SoftBank Investment Advisers」の投資家Neil Cunha-Gomes氏は今回の発表に際し、以下のようにコメントしている。

 

分散型ウェブ(Web3.0)へのアクセスをサポートするというミッションにおいて、Lubin氏やConsenSysのチームと協業できることを嬉しく思う。

 

安全で使いやすいWeb3.0プロダクトで構成されたConsenSysのエコシステムは、前例のない水準で普及していくと我々は信じている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します